b.海外挙式

海外挙式とは

結婚式は海外で!

一生に一度の結婚式は日常の生活から離れて
海外で素敵な挙式…憧れますよね。

海外挙式とは…文字通り、
”海外で挙式を挙げること”を言います。

国内で挙式する時と違って海外挙式は
家族や親しい人たちだけが参列したり
気軽に二人だけでもOKな自由さも魅力です!

新婚旅行と兼ねれば費用の面でも一石二鳥!

考えれば考えるほどメリットいっぱいです。

そこで、海外挙式を検討する上で役立つ
海外挙式とは何ぞや?から海外挙式の段取りや
人気の国まで、まずは基本的な知識や情報を
ご紹介していきましょう。

海外挙式とは?メリット・デメリットを紹介

結婚式の一つのスタイルとして
定着している海外挙式。

海外挙式とは、
海外で挙式をすることを総称して言いますが
詳しく言うと結婚式を挙げることが目的で
海外に行くことが海外挙式と呼ばれています。

海外在住の人がその国で挙式をする場合や
国際結婚で相手の方の母国で挙げる場合は
一般に日本で海外挙式と呼ぶスタイルとは
は少し意味が異なります。

海外挙式とは…
結婚式を(自分たちと所縁のない)
海外の国へ行って挙げること

 

国内では味わえない非日常的な雰囲気
行われる海外挙式は、一生に一度の
特別な思い出にもふさわしいですよね。

では、海外挙式を挙げる場合の
メリットやデメリットについて詳しく
ご紹介しましょう。

海外挙式のメリット

海外挙式には国内の挙式披露宴と比べて
多くのメリットがあります。

【海外挙式のメリット】
・新婚旅行と時間と費用を兼ねて旅行できる
・国内にはない雰囲気、開放感が味わえる
・同行者との旅行も楽しめる
・二人だけ、家族だけも気兼ねなくOK
・少人数なので結婚式の費用がかからない
・素敵な写真がたくさん残せる

海外挙式のデメリット・注意点

では、逆に海外挙式のデメリットや注意点
についてはどうでしょうか?

【海外挙式のデメリット】・遠方なので呼びたいゲストを招待できない
・参列者に旅費や時間的な負担がかかる
・事前に挙式会場の下見ができない
・打合せと挙式当日のスタッフが違う
・旅行の満足度が結婚式の満足度に影響する

メリットの裏返しの部分もありますが
主に、事前の準備や見学と参列者に関係する
ことに注意が必要といえます。

海外挙式の費用相場!パターン別に検証

ひと口に海外挙式といっても
選ぶ国やパターンによって
内容や費用の相場も大きく異なります。

海外挙式の費用としては主に下記が必要です。

【海外挙式に必要な費用】
・挙式関連の費用
・食事会やパーティーの費用
・現地への旅費(飛行機代、宿泊代)
・現地滞在費やお土産代など

挙式関連の費用の内容としては

【挙式関連の費用】
・挙式料(会場使用料や牧師への謝礼など)
・新郎新婦の衣装代
・ヘアメイク
・ブーケ&ブートニア
・写真撮影やアルバム作成費
・映像撮影料…etc.

 

海外挙式の費用についてさらに詳しい情報
下記の記事を参考にしてくださいね。

⇒海外挙式の費用相場!国別・形式別から帰国後パーティーまで

海外挙式のパターン別の費用については
下記3つに大きく分けることができます。

・2人だけの場合
・家族や親戚・親しい友人を招待する場合
・海外でのフォトウエディングの場合

また海外挙式の後に結婚のお披露目として
国内で披露宴を行う場合にも大きな費用が
かかりますので、合わせて解説しますね。

2人だけの場合

2人だけで海外挙式をする場合
費用はどのようになるのでしょうか?

参列者、同行者がいないということは
その方たちにかかる費用がないので…
その分全体的に費用は安くなります。

国や会場、衣装や写真などへのこだわり
によってもかかる費用には幅がありますが
平均費用の相場は119万円~409万円。

2人だけの海外挙式の費用について
詳しくは下記の記事でご紹介しています。

⇒海外挙式を二人だけで!費用・ダンドリ・人気国まで完全攻略

費用や段取り、また人気の国などの情報も
ぜひお役立てくださいね。

家族や親戚・親しい友人を招待する場合

海外挙式に、家族や親戚、親友を招待する
場合の費用についてはどうでしょうか?

両家合わせて15~25名程度
多い場合は30名程の参列者がいることも。

平均費用の相場としては幅はありますが
約160~430万円が費用の目安
です。

結婚式を挙げる費用自体は、参列者の有無や
人数に関係なく必要な項目も多いです。

そのため、ゲストが増えても、旅費の負担が
ゲストの各自負担の場合、新郎新婦負担額は
挙式後のパーティーや食事会の飲食代以外は
あまり大きい変動はありません。

飲食代の目安としては

1人あたり1.2~2万円程度
です。

こちらに親族・友人が招待された時の
本音を調査しているので
参考にしてくださいね。

⇒リゾート婚は迷惑?親族・友人が招待された時の本音を調査

海外でのフォトウエディングの場合

海外挙式で、挙式ではなく写真撮影だけ
を行う”フォトウエディング”を行うも人気です。

もともと式を挙げるつもりがなかった人でも
ドレスを着て写真は記念に残したい
という想いを、フォトウエディングなら
新婚旅行と合わせて叶えられますよね。

【フォトウエディングに必要な費用】
・撮影会場使用料
・衣装代
・ヘアメイク
・写真撮影料
・アルバム作成代
・ブーケブートニア

フォトウエディング用のパッケージプランを
利用する場合、10万円~25万円程度
費用の相場です。

特に海外ならではのロケーションでの撮影は
ステキな写真が多く残せることもあり
新婚旅行と兼ねたフォトウエディングは
人気があります。

帰国後に国内披露宴をする費用

海外挙式の場合は、二人の関係者を
全員招くというわけにもいきませんので
帰国後にお披露目として国内で披露宴
を開催することも多くみられます。

実際に国内で披露宴をする場合は
どの程度の費用がかかるのでしょうか?

予算を計算する際は
招待ゲストの人数×2~3万円程度
を目安にするとおおよその予算が出ます。

また、1.5次会形式でカジュアルなパーティー
を行う場合は料理もビュッフェスタイルにする
ことも多く、その場合は1人当たりの予算が
安くなることが多いです。

披露宴とひと口に言っても内容は人それぞれ
ですので、金額に幅はありますが、
おおよその予算として参考にしてくださいね。

国内での挙式とどちらにするか検討中の
こちらの記事もぜひ参考にご覧下さいね。

⇒挙式のみの費用はどれくらい?

海外でも国内でも、挙式の後は
お披露目のための披露宴や1.5次会形式の
パーティーなどを行ってるカップルは
多いようですね。

挙式する国による費用の違い

海外挙式は、挙式をどこの国でするか
によっても大きく費用が異なります。

距離が遠い国、移動に時間がかかる国
挙式を行う場合は、旅行の日程も必然的に
長くなるため、宿泊費や滞在費も増えます。

【挙式をする国により異なる費用】
・旅費
・物価の違いによる滞在費
・挙式費用

特に旅費はグアムなど近い国の場合は
平均旅費が約40万円程度に対し
ヨーロッパ方面の場合では90万円程度の旅費
がかかるなど国による違いが大きいです。

比較的物価の安いアジア地域では、
現地での食事代などの滞在費が安く済んだり
会場の挙式費用自体が安い傾向があります。

予算に合わせて候補の国を考えてみるのも
良いかもしれませんね。

海外挙式で人気の2大エリアといえば
ハワイとグアム!

ハワイの挙式費用については
下記の記事で詳しく解説していますので
参考にしてくださいね。

⇒ハワイ挙式の費用!家族・二人だけで格安に挙げる方法は?

グアムの挙式費用について詳しくは
こちらの記事で解説をしています。

⇒グアム挙式の費用!家族や2人などパターン別にくわしく紹介

グアムもハワイも同じ南の島のリゾート
ですが、費用面では異なる点もあります。
詳しくは記事をご参照くださいね。

海外挙式のご祝儀事情!旅費負担との関係性も

国内で挙式披露宴をする際には
参列するゲストはご祝儀を持参して
結婚式へ行きますよね。

海外挙式の場合ご祝儀はどうなるでしょう?

また、海外なのでゲストが参列するには当然
旅費として飛行機代や宿泊代が発生します。

旅費については海外挙式にゲストを
招待する場合に最も悩む人が多い問題の
一つです。

この旅費は新郎新婦とゲスト、
どちら
負担するのが一般的なのでしょうか?

このご祝儀や旅費は”お金のコト”だけに
お互いにストレートに言いづらい内容です。

それが原因でお互いに迷いが生じるため
気持ちよく参列してもらうためには
まず、招いた側が最初にきちんと意向を
伝えておくことが大切です。

列席者の旅費負担について先輩カップルへの
アンケートでは下記のような結果でした

全く負担しなかった 58%
一部を負担した 31%
すべて負担した 9%

出典:ゼクシィ 海外ウエディング調査2017調べ

一部負担をする場合には
現地でのホテル宿泊代を負担したり
”お車代”として現金を包んで渡すなど
いろいろな方法があります。

ご祝儀については、海外挙式の場合
旅費や滞在費などのゲストの負担があるため
予めいただかないことを明言しておく
ことが基本です。

旅費負担について
こちらにより詳しくまとめているので
チェックしてみて下さいね。

⇒リゾート婚の旅費負担はどうする?ご祝儀との関係も調査!

海外挙式のスケジュール&やることリスト

海外挙式を行うことに決めたら
その後どのようなスケジュールで
何をしていけばよいのでしょうか?

海外挙式の準備のやることリスト
・挙式の手配&内容の詳細決め
・衣装の手配&フィッティング
・旅行の手配&内容の詳細決め
・招待ゲスト関連(招待状や連絡)
・その他(旅行の荷造りなど)

海外挙式の準備のスケジュールは
挙式の日から逆算して考えます。

1年~6か月前
・希望するエリアや会場をもとに手配会社に相談
・招待ゲストのリストを作成

6~3か月前
・挙式会場や日程を決定し挙式の手配契約をする
・旅行の手配契約
・衣装合わせ(※詳しくは後述)
・帰国後のパーティーの打ち合わせ
・招待状の手配~発送(※詳しくは後述)

3か月前~1か月前
挙式内容や旅行内容の詳細決定

1か月前~2週間前頃
・挙式及び旅行手配についての最終決定
・最終打合せ
・現地スケジュールの確認

現地入り~前日
・現地サロンにて衣装の最終フィッティング
・現地スタッフとの打ち合わせ
・メイクリハーサル

海外挙式でも招待状は必要?

海外挙式にゲストを招待する際は
招待状を作成する必要があるのかどうか
迷う人は多いです。

誰を招待するか、によるのですが
家族以外のゲストを招待する場合は
招待状は用意することが基本的なマナーです。

遠く海外への結婚式へ時間もお金もかけて
きてくれるゲストへの感謝の気持ち
ぜひ来てほしいという気持ち
伝えるのも結婚式の招待状の役割です。

親しい間柄だからと招待状を省略してしまう
のはあまりお勧めしません。

業者へ印刷手配する場合は部数が少ないので
割高になってしまうかもしれませんが、
手作りもできますので、費用はあまりかけずに
用意できますよ。

海外挙式の招待状については
下記の記事で、招待状を作成するかどうかの
判断の基準や、作成する際の例文や発送時期
などの詳しい情報を解説しています。

⇒海外挙式で招待状の準備は必要?例文や発送時期も解説

招待状を送る際には、現地の地図や旅程など
細かな情報を同封しておくことでゲストにも
安心して参列してもらうことができます。

海外挙式の衣装!ドレスはレンタルor持ち込みどっちが正解?

海外挙式で着る衣装は手配方法によって
選択肢や費用も大きく異なります。

特にドレスへのこだわりがある人や
費用を節約したい人には、重要なポイント
となる海外挙式の衣装の手配。

海外挙式への衣装の手配方法は主に下記3つ。

①国内でドレスを選んで現地でレンタル
②日本でドレスをレンタルして式場に持ち込み
③日本でドレスを購入して式場に持ち込み


挙式の手配会社で気に入ったドレスが
予算内で見つかれば、一番楽なのですが
なかなかそうはいかないこともあります…。

また、手配後になって持ち込んだ方が
安く済むと発覚しても、困ってしまう問題です。

自身で手配をした場合には衣装の持ち込み料が
発生することがありますが、ドレスによっては
それを加えても安く済むこともあります。

下記の記事でハワイの場合を例に
海外挙式の衣装の手配の方法について
詳しく解説しています。

⇒ハワイ挙式のドレス手配!レンタルと持ち込みどっちが安い?

ハワイ以外の国で挙げる予定の人にも
参考になりますので是非読んでみて下さいね。

海外挙式の人気国!特徴やおすすめスポットを紹介

海外挙式で人気の国と言えば?

海外挙式の実施先のアンケートでは…

1位 ハワイ
2位 グアム
3位 アジア地域
4位 オーストラリア
5位 ヨーロッパ
出典:ゼクシィ 海外ウエディング調査2017調べ

人気のハワイやグアムはもちろん
新婚旅行を兼ねたヨーロッパ挙式
人気があるようです。

ハワイ、グアムは美しい海やビーチが
楽しめる南国の雰囲気が魅力ですよね。

アジア地域は旅行先としても人気の
バンコクで挙げる人が多いですね。
物価が安いため、滞在費があまりかからない
ことも魅力です。

オーストラリアは豊かな自然やビーチリゾート
文化施設など観光やアクティヴィティなども
楽しめる上、日本とは気候が逆のため
季節によってもオススメです。

ヨーロッパは時間も費用も他の地域より
かかる傾向がありますが、歴史的にも貴重な
建物やお城で挙式ができたりと、ヨーロッパ
ならではの魅力があります。

ハワイ

断トツナンバーワン人気のハワイ

元々観光地としても大人気のハワイですが
挙式を挙げられるチャペルの数もとても
多いことも海外挙式で人気の理由です。

数多くのハワイの挙式会場の中でも
特に人気のある会場をランキング形式で
紹介していますので、今後会場を検討の際
ぜひ参考にしてくださいね。

⇒ハワイ挙式の人気会場ランキング!選ばれている理由も調査

グアム

ハワイに続いて人気のグアム。

日本からの3時間程度で行ける距離の近さと
時差もない気軽さが魅力ですね。

グアムには新しい挙式会場も続々と誕生し
これからますます海外挙式先の国として
人気が高まってきそうです。

グアム挙式で人気の会場を下記の記事で
選りすぐりの5会場をご紹介しています。

⇒グアム挙式ランキング!おすすめ人気会場5選

ハワイよりも旅費も安く済むこともあり
挙式に参列者を同行したいカップルには
メリットが多いグアム。

ぜひ記事を参考に挙式先としても
検討してみて下さいね。

ヨーロッパ

歴史的な建物や古城などで行える
厳かな挙式が人気のヨーロッパ。

ヨーロッパ、といっても様々な国や地域
ありますよね

海外挙式を挙げる国として人気なのは
フランスやイタリアなどが有名です。

ヨーロッパで海外挙式に人気の国について
下記の記事で特集しています。

⇒海外挙式の人気国ランキング・ヨーロッパ編!格安でも可能?

ヨーロッパで格安に挙式を挙げる方法
ご紹介していますので是非ご覧くださいね。

格安リゾート地

ハワイやグアム以外にも素敵なリゾートが
たくさんありますよ。

モルディヴやタヒチなど人気のリゾートは
美しいビーチでの挙式や海を臨む挙式など
非日常的なロマンティックな雰囲気が
一生に一度の結婚式にぴったりです。

しかも料金的に格安リゾート地
ありますので、予算が心配な人は候補に
検討してみてはいかがでしょうか?

下記の記事で格安リゾート地の海外挙式
について詳しい情報がご覧になれます。

⇒海外挙式人気国ランキング!格安リゾートはハワイ以外もある?

料金が格安なリゾート地なら旅費を抑えて
費用の面でも不安なく新婚旅行を楽しめて
二人でのんびりとリゾートを満喫できますね

国内リゾート・沖縄も人気

国内リゾート挙式もすてきさなら
海外挙式に決して負けていません!

特に、参列者を同行する場合には
やはり国内の方が時間も便利ですよね。

ビーチリゾートの挙式をするなら
沖縄のリゾートウエディングもおススメです。

ステキな挙式会場も次々と誕生し、数多くの
チャペルの中から選ぶことができます。

沖縄本島から足を延ばして離島で挙式を
挙げるのも良いですね。

沖縄で特に人気のリゾート挙式会場
10会場選りすぐってご紹介しています。

⇒沖縄の結婚式場!人気のリゾート会場10選

沖縄なら高齢のゲストがいても安心して
挙式に参列してもらうことができますよね。

こちらにも国内人気の場所は
どこかのかリサーチしてので
チェックしてくださいね。

⇒リゾート婚で国内人気なのはどこ?かかる費用や特徴を比較

まとめ

海外挙式についての基本的な情報として
概要をまとめてお伝えいたしましが
参考になりましたでしょうか?

各情報について詳しくは
それぞれ参照記事をご覧くださいね。

準備の面でも海外挙式は比較的少人数のため
国内での挙式披露宴に比べて準備が
特別大変になるというわけではありません。

費用の面でも新婚旅行と兼ねた旅行であれば
結婚にかかる全体的に見ると費用は逆に
あまりかからない場合も!

結婚式は一度しかできません!

今回お届けした情報を始めいろいろな情報を
参考にして、二人にぴったりな海外挙式
検討してみて下さいね。

費用相場については
こちらの記事に人気スポットを
まとめているので参考にしてくださいね。

⇒リゾート婚の費用相場!沖縄・ハワイ・グアム挙式の金額は?

 

海外挙式ランキング

【国別】式場ランキング

海外挙式プランがある
人気の式場をピックアップ♪

ぜひチェックしてみて下さいね。

⇒海外挙式ランキング
【ハワイ編】

⇒海外挙式ランキング
【グアム編】

おすすめ

ブライダルフェアをお得に探すなら
こちらを参考にして下さいね。

⇒商品券が貰える式場探しサイト5選