f.マタニティウェディング

マタニティウェディングとは

近年マタニティウエディングというものが
増えてきています。

一般的にいうできちゃった婚というものですが
子を授かるというのは大変めでたい事として
授かり婚なんて言い方もされます。

そんな方が妊娠中に結婚式を挙げる
というものがマタニティウエディングと
言われる結婚式のスタイルです。

結婚式をする前に妊娠してしまって
生まれる前に結婚式をする方
結婚式の準備を進めていたら妊娠が
発覚したなど様々なパターンがあります。

お腹に子供がいる状態での
結婚式は大きな負担にもなりますので
慎重に考えて進めていきましょう。

今回はマタニティウエディングについて
進め方や注意することを詳しく書いていきますので
参考にしてください。

マタニティウェディングの基本内容を解説

マタニティウエディングをやる方は
急に決まってバタバタしますが
そういった方に安心してもらえるよう
お急ぎでも安くできるようになっています。

一般的な結婚式と特に変わらず
挙式、披露宴を行います。

体に負担のないように演出などを
控えたりする場合もありますが
大きく変わることはありません。

終始体に気を使って動くので
安心して当日を迎えられます。

マタニティウェディングを開催する時期

結婚式はドレスを着たり
緊張したり、たくさん動いたりと
体の負担になることが多くあります。

転んだりすることも危険ですし
負担によって流産や早産につながらないよう
安定期といわれる妊娠5か月以降を目安
計画を立てましょう。

しかし8か月以降は個人差はありますが
お腹が目立ってくる時期で
たくさん動くのも辛いと思うので
5~7か月の間がベストな時期です。

⇒マタニティウェディングは8ヶ月でもできる?時期別の注意点

無理なくスムーズな準備のスケジュール

妊娠が発覚してから安定期まで
意外とあっという間にきます。

なので結婚式をするには
かなり急いで準備をする必要があります。

また個人差がありますが
式までつわりが続く方もいるので
早めに考え、無理なく少しづつ
準備を始めていくようにしましょう。

マタニティウェディングにかかる費用

人数や式場によって異なりますが
マタニティウエディングの大体の
費用の相場は30名の場合は
80万円~で150万円程度です。

お急ぎ婚の場合は
半年以内での予約が多いため
結婚式場側も安くプラン提示していることが
多いのでお得に結婚式を挙げられます。

⇒マタニティウェディングのプラン!費用はどのくらいかかるの?

気をつけたい!マタニティウェディングの5つの注意点

自分だけの体ではない
マタニティウエディングは
気を付けなければいけない
注意点がいくつかあります。

赤ちゃんのことを考え
無理なく当日を迎えられるよう
しっかり確認しておきましょう。

①新婦の体調を最優先する

これは当たり前!
当然のことですが赤ちゃんのいる
新婦の体調第一で動きましょう。

マタニティウエディングは準備期間が
少ないことが多いですが
準備で忙しくても
体調が悪いのに無理をして
切迫になったりして入院になり
結婚式ができなくなる方が悲しいです。

特に5か月に満たない場合
無理は禁物です。

当日を確実に迎えるためにも
休みながら無理をせず
新婦の体調を最優先してください。

⇒マタニティウェディングの時期はいつまで可能?注意点も紹介

②負担の少ない衣装を選ぶ

ドレスは腰回りをキツく締めますが
妊婦さんにそのようなことは
危険すぎるので体に負担のない
衣装を選ぶようにしましょう。

ゆったりしたものや軽いものを選んでください。
ドレスであれば腰を締め付けない
エンパイア型のドレスがおすすめです。

和装も着れなくはないですが
帯は直接腰に負担がかかるので
軽いものを選ぶよにしましょう。

⇒マタニティウェディング!和装とドレスならどっちが正解?

③無理のない進行や演出にする

結婚式の内容は様々ですが
体に負担なくゆっくり過ごせるよう
演出や移動を増やさないようにしましょう。

大きく動いたり
色直しでドレスを着たまま
たくさん歩いたりせず
できるだけ座っている時間が
長くなるように考えましょう。

⇒マタニティウェディングの演出アイデア!おすすめ10選

④エステの種類や過剰なダイエットに注意

結婚式を迎えるにあたって
綺麗になりたいと思うのは当然です。

しかし、エステやダイエットも
一歩間違えると赤ちゃんの命に
関わる大きな問題なので
注意してください。

エステは使用する薬品などが
赤ちゃんにとって良くないことが多いです。
肌から浸透し、赤ちゃんに伝わり
害を与えかねないので
マタニティOKのエステかどうか
必ず確認してください。

またダイエットも無理にすると
良くありません。
過度な運動も母体はもちろん
赤ちゃんにも負担がかかります。

食事制限も赤ちゃんに栄養が
いかなくなってしまうので
やめましょう。

⇒マタニティウェディング!エステやダイエットしても大丈夫?

⑤二次会の開催はよく検討する

結婚式の後、友人を中心に
二次会を開催することが多くありますが
妊娠していると考えると
結婚式の準備で朝から動いて
終わって疲れているあとに
さらに夜までパーティーを続けるのは
新婦にも赤ちゃんにもかなりの負担です。

また会場を移動したりするもの
疲れるし負担になるので
マタニティウエディングの場合は
二次会の開催は控えましょう。

マタニティウェディングプランの特徴とは

マタニティウエディングは
通常の結婚式と何が違うのでしょう。

特徴としては予約の時期が
直近の日程であることと
体の負担を考え衣装の数や
演出が少ないことです。

多くの会場がマタニティウエディングプラン
というマタニティウエディング専用の
プランを提示していて通常の結婚式のように
料理や会場費が含まれたプランがあります。

対応プランがある会場の探し方

結婚式場によっては
マタニティウエディングプランを
提示していないところもありますが
マタニティウエディングを
やってくれない会場はありません。

自分の好みに合った式場にすると良いですが
お得なマタニティウエディングプランを
利用することで今後生まれてくる赤ちゃんのために
お金を貯めておけますし
自分たちの負担も減ります。

また直近の日程の予約の場合は
空き状況をまず一番に確認してください。

マタニティウエディングプランは
様々なサイトでプラン提示しているか
確認できます。

⇒マタニティ婚in東京!対応プランのある人気会場5選を紹介

⇒マタニティ婚を大阪で挙げたい!おすすめの5会場を厳選

⇒マタニティ婚は福岡でもできる?おすすめ会場5選を紹介

マタニティウェディングフォトも記念におすすめ

妊娠期間はたったの10か月で
ほぼ毎月大きさが変わります。

生まれてくる子は何十年も生きるのに
そのうちのたったの10か月の
母子同体の奇跡の時間を
マタニティウエディングフォトとして
記念に残すのもおすすめです。

⇒マタニティウェディングフォトはいつの撮影がおすすめ?

まとめ

いかがでしたか?

マタニティウエディングは
通常の結婚式と変わらないようにみえて
実は違うところもありましたね。

会場の探し方や衣装の選び方
二次会の開催や費用など
考えること準備することは
時間のない中で大変ですが
とにかく新婦の体調を最優先にし
無理せず無事に当日を迎えられるよう
参考にしてください。

マタニティ婚ランキング

【地域別】式場ランキング

マタニティ婚プランがある
人気の式場をピックアップ♪

ぜひチェックしてみて下さいね。

⇒マタニティ婚ランキング5選
【東京編】

⇒マタニティ婚ランキング5選
【大阪編】

⇒マタニティ婚ランキング5選
【福岡編】

おすすめ

ブライダルフェアをお得に探すなら
こちらを参考にして下さいね。

⇒商品券が貰える式場探しサイト5選