相場・節約

結婚式費用は黒字・赤字どっちが多い?収支の内訳を人数別で

結婚式をしたい!
けれどそのための貯金がない!

一見、華やかで夢と希望にあふれている
イメージが強い結婚式も、
お金を払ってこそ叶えられる夢
であることは事実です。

ですが、結婚式をしている人たちがみんな
それだけの貯金があったのかというと
実はそうでもない様子。

中には「結婚式をして儲かった」という
驚きの発言をする人もいて、
結婚式の収支に疑問を感じている人も
いるのではないでしょうか?

今回はフリーランスのプランナーが
結婚式費用とご祝儀の収支について
解説いたします。

結婚式の資金計画に
ぜひお役立てください。

結婚式費用は黒字・赤字?先輩カップルたちの実情とは

まずは実際に結婚式をした
先輩カップルの実情を見てみましょう。

アンケートによると

結婚式は黒字だった? 赤字だった?

赤字   50.0%
黒字   14.0%
どちらでもない   16.4%
わからない   19.6%
出典:マイナビウェディング

となっています。

先輩カップルのうち、
半数は結婚式にご祝儀以上の費用を
かけているということになりますね。

ですが、黒字だったという人が
いるのも事実です。

先述の「結婚式をして儲かった」
という発言は、嘘ではないようです。

結婚式の費用&ご祝儀!収支額の相場と内訳を人数別で紹介

それでは「赤字になる」「黒字になる」
の違いは、どのようなところに
あるのでしょうか?

結婚式費用において、
内訳を大きく左右するのは
招待客の人数です。

人数によって、結婚式の形態が
決まってくるという側面もあり、
結婚式費用の試算においては
人数は欠かせない要素になります。

こちらの記事を確認してみると
人数別・形式別の費用相場がわかります。

ここでは招待客の人数別に
収支額の相場と内訳について
解説していきます。

※本来、ご祝儀やお祝い金を
収入として扱うことは
適切ではありませんが、
ここでは記事の性質上、
「収入」「支出」という表現を使用します。

10人以下の家族婚

昨今は、家族のみで食事会を行う
「家族婚」が増えていますが、
意外な問題点として挙げられるのが
費用の問題です。

こちらの記事にもあるように
家族婚では一般的に費用総額は
それほど高くなることはありません。

⇒家族婚の費用!少人数結婚式の相場はどのくらい?

一般的な家族婚の内訳はシンプルで

  • お料理
  • 飲み物
  • 引出物
  • 挙式料
  • 会場料
  • 衣装
  • お仕度料
  • 家族写真撮影

程度で済むことがほとんどです。

家族婚で考えられる収入は
親からのお祝い金や援助に加えて
兄弟や祖父母からのご祝儀があります。

兄弟・祖父母のご祝儀相場は高く、
1人もしくは1世帯5万円程度であることが
多いようです。

また、家族婚では
費用がかかる演出を行うケースは少なく、
衣装の点数も少ない傾向があるため、
自己負担額ゼロで結婚式を行うことも
夢ではありません。

このようなケースでは、
費用もおおよそ15万円~とリーズナブル。

ご祝儀は一人当たりの平均額である
3万円で計算しても
10人参加であれば30万円

かなり高い確率で、自己負担ゼロの
結婚式を実現できます。

「絶対に赤字を出したくない」
「自己負担ゼロで結婚式をしたい」
という人にはおすすめの
スタイルと言えるでしょう。

実際に自己負担0円でできるか
少人数結婚式の費用相場を
チェックしてみましょう。

▼家族婚の費用についてはこちら

⇒家族婚の費用!少人数結婚式の相場はどのくらい?

30人程度の少人数会食

家族と親族で行う少人数の会食会では、
家族婚よりは費用は高めになるものの、
平均6万円とも言われる
親族からのご祝儀も見込めます。

お料理や衣装などを
一般的なグレードで収めれば
自己負担ゼロも可能な範囲です。

ですがこの場合は
上記の家族婚の内訳に加えて

  • 控室料
  • 衣装追加
  • お仕度料追加
  • スナップ撮影
  • ビデオ撮影
  • 演出(ウェディングケーキなど)
  • バス送迎

などの費用がかかってくることがあります。

「どこまで求めるか」によって
費用も大きく変動しますが、
100万円~200万円程度
費用の目安になるでしょう。

1人当たり3万円のご祝儀額で計算すると
30名であれば90万円が見込めますので、
多少の自己負担が必要になることも。

どこまでお金を準備できるかによって
食事会の内容を調整することも大切です。

▼家族婚のご祝儀の相場はこちら

⇒家族婚のご祝儀の相場は?自己負担額がゼロになるって本当?

▼招待ゲスト30人の結婚式の
食事会~パーティーまで形式別費用
についての記事はこちら

⇒結婚式30人での相場はいくら?必要な費用を形式別に解説

気になるご祝儀や結婚式の自己負担額
についても、ぜひご参考に!

60人程度の一般的な披露宴

近年、披露宴を行うカップルが
もっとも多く実施している規模です。

ですが「みんながやっているから
リーズナブル」という理屈が
通らないのも、この規模の披露宴の
難しさでもあります。

その理由は「とことん支出を
抑えることもできるけれど
多額の費用がかかることもある」
という流動性にあります。

60名を招待する披露宴は
新郎新婦の希望によって
形態が大きく異なります。

たとえば

  • お料理はブッフェで衣装も1点、
    演出はなしの
    立食パーティを行った場合
  • グレードの高い婚礼料理に
    2回のお色直し、ケーキカットと
    入退場時の演出、複数本の
    ムービー上映を行った場合

では、費用に100万円以上の差が出ることも
少なくありません。

これらのことから内訳も上述の内容に加えて

  • ビデオ撮影
  • ムービー作成
  • 演出にかかる費用

など、金額の大きな項目が増えていきます。

また、スピーチや余興、
受付などを依頼する場合の心付けも
必要になるかもしれません。

一方でご祝儀は、
それほど期待できないことも。

60人程度の披露宴では
友人や職場の人を呼ぶケースも多く、
その相場はおよそ3万円。

親族の6万円と比較すると、
高いとは言えません。

そのため、収支の試算には
ゲスト構成にかかわらず
1人当たり3万円という数字を
使うことをおすすめします。

60人のゲストだと仮定して
ご祝儀の金額は180万円

一般的な披露宴の費用相場は
1人当たり5万円と言われているので
300万円。

より安全に見積もると、
120万円ほどの自己資金が必要
計算になります。

▼50名の結婚式費用相場についてはこちら

⇒結婚式費用の相場!50人の場合に必要な金額はどれくらい?

▼80名の結婚式費用相場についてはこちら

⇒結婚式の相場!80人の披露宴の場合に費用はいくらかかる?

90人以上の大規模パーティ

とてもお金がかかると思われている
90人以上の大規模パーティですが、
結婚式においては少々事情が異なります。

結婚式の費用は大きく分けて

  • ゲスト数に関係なく発生する固定費
  • ゲスト数に比例して発生する変動費

があります。

たとえゲストが10人であろうと
90人であろうと挙式料は変わりません。

90人の方が
1人計算の挙式料は安くなります。

これが固定費の性質です。

披露宴は人数が増えれば増えるほど
固定費よりも変動費の割合が
大きくなるという性質があります。

変動費として挙げられる項目は

  • お料理
  • 飲み物
  • 引出物
  • サービス料

などです。

これらの項目は、おおむねご祝儀で
賄える金額と言われているので
それほど神経質になる必要はありません。

90名を超える大規模なパーティでは
費用も400万円を超えることも
少なくありませんが、その分、
ゲスト数に比例したご祝儀も見込めます。

そのため、自己負担額は
60人程度の披露宴とあまり変わらないか、
場合によっては安くなることも
考えられます。

ゲスト数が増えれば増えるほど
披露宴も豪華にしたくなりますが、
その気持ちを抑えることができれば
より少ない自己資金で
披露宴を行うことができるのです。

結婚式費用の自己負担額を最小限に抑える方法

ここまで読んでいただいた方には
おわかりいただけたと思いますが、
結婚式費用の自己負担額を抑えるためには
固定費の割合を小さくすることが大切です。

ゲスト数が少ない披露宴で

  • 衣装を何点も着る
  • 高いプランの写真撮影を行う
  • ビデオ撮影を行う
  • 挙式料が高い挙式スタイルを選択する

ことは、自己負担額を跳ね上げる
要因になります。

結婚式の資金計画を立てる際に大切なのは
「固定費を自分自身で払う心づもり」

もしも結婚式場からの見積もり額が
予算をオーバーしてしまった場合は、
見積もりを削ることも必要になります。

こちらの記事では、
見積もりを削るポイントについて
詳しく解説しています。

⇒結婚式の見積もりを削る10のポイント!予算がオーバーしないコツ

考え方として、

  • ご祝儀でもらった分は
    お料理や引出物などでゲストへ返す
  • 自分たちにかかる費用は
    自分たちで支払う

これを忘れなければ、ゲストにとっても
「来てよかった」と思える
結婚式になるでしょう。

まとめ

結婚式は確かにお金がかかる
イベントですが、工夫次第で費用を
最小限に抑えることもできます。

「ここの会場の見積もりは高い」
「こっち会場の方が安い」
と比較するよりも、自分たちのプランの
組み方を見直してみることが大切です。

それでもやっぱりお金が足りない!
という時は、こちらの記事も
参考にしてみてくださいね。

結婚式の費用!ご祝儀差し引き後の自己負担額の相場とは?

費用も内容も、おふたりが
満足できる結婚式となりますよう……☆


\ LINE@始めました /
友だち追加
友達登録してね^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA