相場・節約

結婚式費用の相場!50人の場合に必要な金額はどれくらい?

結婚式は招待するゲストの人数によっても
費用が変わりますよね。

例えば、家族、親族、友人…
ゲストとして50名程度招待する場合
費用はどのぐらいかかるのでしょう?

結婚式はカップルごとに内容が異なるため
同じ人数でも費用については
なかなか具体的にはわかりづらいもの。

そこで、50名のゲストを招待した場合の
一般的な結婚式の費用相場から
内容別の費用についてなどなど
予算の参考になる情報を解説いたします!

50人での結婚式!費用の相場はいくら

ゲスト50名の結婚式は
どのぐらいの費用が相場なのでしょう?

結婚式はカップルごとに
こだわりや好みなどの違いもあって
費用に幅がありますが相場としては
270万円~320万円程度が目安。

各式場ごとにアイテムの単価も
異なりすので、凡そではありますが
この位を目安になさると良いでしょう。

また、費用に違いが出てきやすいのは
・挙式スタイル
・会場貸切料
・料理のグレード
・衣装
・写真

これらの、大きな費用が必要なアイテムを
どうするかによって金額に幅が出ます。

50人の結婚式で必要な料金の内訳とは

50名のゲストの結婚式の費用を
詳しくみてみましょう。

【挙式関連費用 例】

挙式料 200,000円
新郎新婦衣装 300,000円
ヘアメイク 50,000円
ブーケ&ブートニア 40,000円
写真・映像 300,000円
合計 890,000円

【披露宴費用】

料理 520,000円
飲物 104,000円
ウエディングケーキ 50,000円
会場使用料 80,000円
会場装花 70,000円
介添え料 10,000円
プロ司会者 40,000円
音響機材 10,000円
印刷物 50,000円
引出物 120,000円
合計 1,054,000円

挙式と披露宴の費用を合わせると…
挙式     890,000円
 披露宴 1,054,000円
 総合計 1,944,000円

まず、シンプルな挙式披露宴を行う場合
50名では約195万円の予算が必要
という計算になります。

ゲスト50人の結婚式!上から下までの金額の幅は

ゲスト50名の結婚式といっても
内容によって費用もいろいろ。

では、一番安い~一番高いプランにした
場合はそれぞれどのぐらいの費用が
かかるのでしょうか?

・内容を最小限に抑えた格安プラン
・内容を充実させたゴージャスプラン

最安~最高値の2つのプランを
検証してみましょう!

内容は最小限!値段を抑えた格安プランの場合

費用を格安にしてみると
どのぐらいから結婚式ができるでしょうか?

前述した、”シンプルな結婚式”から
内容を下げて格安にしてみます!

挙式料 100,000円
→人前式へ変更 ▼10万円
新郎新婦衣装 250,000円
→安い衣装へ ▼5万円
ヘアメイク 50,000円
ブーケ&ブートニア 5,000円
→造花レンタル ▼35,000円
写真・映像 250,000円
→映像は式だけ ▼5万円
挙式費用合計 655,000円

合計値下げ額は▼235,000円。
小計から差し引きすると
挙式関連費用は¥655,000。

【披露宴費用】

料理 520,000円
飲物 104,000円
ウエディングケーキ 40,000円
→ケーキダウン ▼10000円
会場使用料 80,000円
会場装花 65,000円
→花代ダウン ▼15000円
介添え料 10,000円
プロ司会者 40,000円
音響機材 10,000円
印刷物 20,000円
→手作りに ▼30,000円
引出物 120,000円
合計 999,000円

では、挙式と披露宴の費用を合わせた
総合計は…

挙式関連 ¥655,000
  披露宴 ¥999,000
 総合計 ¥1,654,000

ゲスト50名の最安プラン
約166万円という結果になりました。

参考までに、
今回の最安プランのゲスト一人当たり
の費用は約33,000円です。

高グレード&内容盛りだくさんに充実させる場合


それでは逆に同じゲスト50名の結婚式を
内容を充実させて費用の上限がどのぐらいか
検証してみましょう。

【内容充実 挙式関連費用】
各項目の下に追加変更内容を入れてみます。

挙式料 200,000円
新郎新婦衣装 450,000円
→予算アップ △150,000円
ヘアメイク 70,000円
→リハーサル有 △20,000円
ブーケ&ブートニア 60,000円
→予算アップ △20,000円
写真・映像 450,000円
→予算アップ △150,000円
合計 12,300,000円

挙式関連費用の最高値は
1,230,000円になりました。

披露宴についてはどうでしょうか?

【内容充実 披露宴費用】
各項目の下に追加変更した内容を
入れてみます。

料理 832,000円
→ランクアップ △312,000円
→デザート
ビュッフェ追加
78,000円
飲物 208,000円
→ランクアップ △104,000円
ウエディングケーキ 100,000円
→ランクアップ △50000円
会場使用料 80,000円
会場装花 130,000円
→予算アップ △60000円
介添え料 10,000円
プロ司会者 40,000円
音響機材 10,000円
映像機材 10,000円
→演出映像追加 200,000円
→生演奏追加 100,000円
バルーンリリース 30,000円
印刷物 105,000円
→ランクアップ △55000円
→お色直衣装 300,000円
ヘアメイク色直 20,000円
→色直ブーケ 40,000円
引出物 150,000円
→予算アップ △30,000円
プチギフト追加 25000円
→写真前撮 200,000円
アップ額 1,604,000円
合計 2,668,000円

挙式と披露宴の費用を合計すると…
挙式関連費用 1,230,000円
 披露宴    2,668,000円
 総合計    3,898,000円(≒390万円)

内容充実の結婚式の場合
総費用は約390万円
ゲスト一人当たり単価は約7.7万円。

格安プラン…166万円
内容充実……390万円
その差額は236万円!

結婚式の費用の上下の幅は
本当に大きいですね!

ゲスト50人・予算150万円!演出はどこまでできる?

ゲスト50名の結婚式の費用は
前述しましたように
166万円~390万円まで幅があります。

予算150万円です!という場合
どのような演出を入れた
できるでしょうか?

基本はシンプル格安スタイルです。
費用の内訳を再度見てみましょう。

【シンプル格安スタイル】

挙式料 100,000円
新郎新婦衣装 250,000円
ヘアメイク 50,000円
ブーケ&ブートニア 5,000円
写真・映像 250,000円
挙式費用合計 655,000円

【披露宴費用】

料理 520,000円
飲物 104,000円
ウエディングケーキ 40,000円
会場使用料 80,000円
会場装花 65,000円
介添え料 10,000円
プロ司会者 40,000円
音響機材 10,000円
印刷物 20,000円
引出物 120,000円
合計 999,000円

挙式関連  ¥655,000
 披露宴  ¥999,000 
  総合計 ¥1,654,000

どうでしょう?
内容を削れそうなところはほぼないはず…。

そうですね。
演出を加えるどころか
予算150万円は必要な予算に足りません!

予算のために、写真撮影やケーキカット
などの演出をなくすのは、さすがに
おススメできませんし…。

予算150万で50名招待する場合、
式場を検討する際に、割引プランを
利用するなど工夫が必要です。

でも、予算150万円は
決して予算として少ないのではありません。

実は、式場への支払いが基本全額前払いの為
当日いただくご祝儀を支払いに充てられない
ことがネックになっているだけです。

予算=自己資金が150万円の場合は
当日いただくご祝儀をプラスしたうえで
予算を検討しなおしましょう。

それをしないで、自己資金の150万円に
無理に抑えようと内容を下げすぎると
結婚式自体がショボショボで
ケチケチした印象になってしまいます!

そして重要なポイントとして
式場への支払いが基本前払いのたえ
下記のようにご祝儀を予算として
計算しても良いようにしておくこと!

【当日のご祝儀を予算に使う方法】
・ご祝儀後払いができる式場で行う
・両家に費用を借りてご祝儀で返す…etc.

では、実際にご祝儀がいくらぐらい
結婚しい当日にもらえるのか
説明していきましょう。

ゲスト50人の結婚式でもらえるご祝儀の平均は

ゲスト50名の場合、
どのぐらいご祝儀をもらえるのでしょうか?

ご祝儀は新郎新婦との関係や、
立場、年齢などによって異なります。

<ご祝儀の相場>
・友人、同僚2万円~3万円
・上司、親戚 5~10万円
・祖父母、親 10万円~

人によって金額が異なりますし
夫婦で出席する場合は世帯ごと用意するため
結婚式のご祝儀の概算を計算するには
ゲスト1人3万円で計算をすると良いです。

ですので、50名のゲスト場合
3万円×50名=150万円

当日いただくご祝儀額合計は
150万円程度、と予測できます!

予算を考える上でこの150万円を
加えるか加えないかでは、
結婚式の内容にも大きく影響がありますね。

実際の自己負担額はどれくらい

では、ゲスト50名の結婚式は
実際、どのぐらいの自己負担額で
挙げることができるのでしょうか?

結婚式当日にいただく
ご祝儀は3万円×50=150万円
と予測できましたね。

50名の結婚式の平均相場は
270~320万円ですので
ここからご祝儀分150万円を差し引きすると

120万円~170万円の自己負担額

となりますね。

自己資金=予算150万円、と考えている方は
ご祝儀分を費用に充てられれば
結婚式はできますので安心してくださいね。

50名の場合の結婚式には内容によって
シンプル格安166万円~
ゴージャス内容充実390万円まで
幅がありましたね。

50名の結婚式の費用から
ご祝儀分を差し引きして計算した結果は
最小15万円~最大240万円の自己負担額。

予算が足りない!自己負担額を減らしたい!
という方は、結婚式の内容をシンプルに
することも検討してみてくださいね。

50人規模の結婚式って少ない?寂しい感じになるか心配・・・

ゲストが50名の場合、
ちょっと人数が少なめかな?と
気になりますよね。

確かに、全国的な参列者平均人数の
約70名と比べるとやや少なめ
のゲストの数です。

でも、無理やり人数を増やす必要は
全くありませんから、
心配しないでくださいね。

50名でも淋しくしない5つのポイント
①会場は収容人数30~70名程度
②テーブルレイアウトの工夫
③写真や装花で華やかさを演出
④会話の弾む美味しい料理
⑤新郎新婦も積極的におもてなし

特に気を付けると良いのは
テーブルの大きさと、テーブルの数。

10名着席用の大きな丸テーブルを
使用すると、テーブル数が最小5テーブル
になってしまい、会場内に空間が…。

8名までを目安に配席しましょう。

できれば、一回り小さめのテーブルで
5~6名掛けでレイアウトがおすすめです。

小さめのテーブルならば、ゲスト同士も
近いので会話もしやすいですよ。

また、パーティー中新郎新婦は、
ゲストへのおもてなしを心がけて
ゲストのテーブルへ意識的に行くようにすると
会場も華やかな雰囲気になりますよ。

50名よりもゲストが増える可能性もある!
というカップルはもう少し人数が多い場合の
費用も知りたいですよね。

ゲスト80名の場合の披露宴の費用について
下記の記事で情報をお伝えしています。
ぜひご参考に!

⇒結婚式の相場!80人の披露宴の場合に費用はいくらかかる?

まとめ

いかがでしたか?
ゲスト50名を招待する結婚式の費用
について詳しく解説いたしました。

結婚式の内容はどんどんゴージャスに、
費用をかけようと思えばキリがありません。

今回お伝えした以上に内容を加えることも
当然できますが、予算には限りがあります。

写真、花、料理、衣装、演出…
こだわりどころはカップルごとに違うもの。

自分たちのこだわり
予算のかけどころはどこなのか
2人でよく相談して検討を進めて下さいね!

ゲストの人数がもう少し減るかも?
という方は下記で30人の場合の費用を
解説していますので参考にしてくださいね。

⇒結婚式30人での相場はいくら?必要な費用を形式別に解説

ABOUT ME
安田 みさき
元ウェディングプランナー。プランナー歴10年超です。 ゲストハウスウェディングやリゾートウェディングで数百組の新郎新婦をサポートをサポートしてきました。一生に一度の結婚式だからこそ、新郎新婦はどなたも皆、それぞれに喜びと同時に不安や疑問もたくさんお持ちです。またゲストや結婚式自体への思いや憧れもそれぞれです。だから結婚式は一つとして同じものがありません。現在は子育て中に付き現場におりませんが、たくさんの結婚式に携わってきた経験を活かして、このような場で結婚を控えた新郎新婦のお手伝いすることができればうれしく思います。


\ LINE@始めました /
友だち追加
友達登録してね^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA