相場・節約

結婚式30人での相場はいくら?必要な費用を形式別に解説

結婚式を行う上で
多くの新郎新婦を悩ませる費用の問題。

例えば、家族と、親戚と、親友と…と考えて
ゲストが30人程度になるケース。

ゲスト30人であれば、
比較的少人数ではあるものの
結婚式にある程度の費用がかかることには
変わりはありません。

しかも、いくらかかるのか具体的な金額は
結婚式の内容によっても変わるため
どの程度の費用がかかるのか
予想が立てづらい
のです。

そこで今回は…
ゲスト30人を想定した場合の予算の相場から
ご祝儀と自己負担額まで結婚式の費用の悩み
を解決のする情報をお届けします!

ゲスト30人の結婚式!予算の相場はいくら

家族、親戚、親友…
最少人数で結婚式を挙げようと考えると
凡そ30人程度のゲストになるケースは
多いようです。

結婚式の参列人数が30人程度の場合
どのぐらいの費用で結婚式
ができるのでしょうか?

ゲストを30名招待して
挙式と食事会・披露宴を行う場合
相場は150万円~240万円程度。

挙式料や会場使用料なども式場ごとに
異なりますが、だいたいこの程度の
予算を目安にすると良いでしょう。

費用が大きく変動するポイントとしては…

◆食事会形式か披露宴スタイルか
◆衣装のグレードやお色直しの有無
◆写真・映像撮影の手配の有無

結婚式はこだわりや好みによって
どの項目にどのぐらいの予算をかけるか
カップルごとに異なります。

全部出来れば、もちろん悩まないのですが…
予算内で収まるように、
予算のかけどころを考えることが大切です。

では次の項で
食事会形式化パーティー形式の披露宴か
による費用の違いを解説します!

同じ30人の結婚式でも内容で費用は違う!形式別の内訳

家族、親族や友人など
親しい人だけに囲まれて行う結婚式は
温かな雰囲気で格別なもの。

しかし、同じ人数でも形式によって
かかる費用は大きく異なります。

そこで、30名招待した場合
・親族のみで食事会形式の場合
・パーティー形式の披露宴の場合
の2つの形式について費用を解説しましょう。

食事会か、披露宴か、その違い以外はあ
同じとしますので、
挙式関連の費用は同じ費用がかかります。

【挙式関連費用 例】

挙式料 200,000円
新郎新婦衣装 300,000円
ヘアメイク 50,000円
ブーケ&ブートニア 40,000円
写真・映像 300,000円
合計 890,000円

費用が異なってくるのは
挙式関連費用以外の
食事会や披露宴に関する費用。

詳しくみてみましょう!

親族のみの食事会形式の場合

親族のみで食事会形式で行う場合
費用について見てみましょう。

【食事会費用の内訳】

料理 384,000円
飲物 64,000円
会場使用料 50,000円
会場装花 30,000円
介添え料 10,000円
印刷物 8,000円
引出物 75,000円
合計 566,000円

挙式関連費用と合わせると
総費用は下記のようになります。

【挙式&親族のみの食事会形式の場合】

・挙式関連費用 890,000円
・食事会費用  566,000円

   合計 1,456,000円

最もシンプルな形式の食事会形式の場合
約1,460,000円の費用が必要です。

パーティ形式の披露宴の場合

パーティー形式の披露宴の場合
費用について見てみましょう。

挙式関連費用は共通する部分ですが
食事会から披露宴の形式になったことで
このように金額が変わります。

【披露宴費用】

料理 384,000円
飲物 64,000円
ウエディングケーキ 30,000円
会場使用料 50,000円
会場装花 60,000円
介添え料 10,000円
プロ司会者 40,000円
音響機材 10,000円
印刷物 20,000円
引出物 100,000円
合計 768,000円

【パーティー形式の披露宴の場合】

・挙式関連費用 890,000円
・披露宴費用  768,000円

 総合計 1,658,000円  

シンプルな内容で行ったとして
ゲスト30名で挙式と披露宴をする場合
約1,660,000円の費用がかかります。

お色直しや、写真のグレードアップ
生演奏等の演出を取り入れた場合は
この金額に加わります。

単純に差額を計算すると
食事会形式と披露宴形式では
約200,000円の金額の差があります。

30人での結婚式!格安シンプル~内容充実までの予算の幅は

同じ30名のゲストの結婚式でも
内容の違いにより費用に幅があります。

シンプル&格安の場合と内容充実の場合
どのぐらい予算に違いがあるのでしょうか?

シンプル&格安結婚式

30名でシンプル&格安な結婚式
=”食事会形式の結婚式”ですね。

基本的な内容は前述した
”親族のみの食事会形式”の場合
と同様です。

・挙式関連費用 890,000円
・食事会費用  566,000円
      合計 1,456,000円  

このシンプルな食事会の内容から
格安にするためにグレードを下げてみます。

・挙式を人前式に▼10万円
・衣装をグレードダウンor持ち込み▼5万円
・ブーケを造花レンタル▼3万5,000円
・映像撮影を挙式だけに▼5万円合計▼23万5,000円

このグレードダウンさせた23万5,000円を
食事会形式の結婚式費用から差し引きします。
1,456,000ー235,000=1,221,000円

ゲスト30名の格安結婚式は
総合計 1,221,000円 となりました!

ゲストに関わる部分は費用を削ることは
なかなか難しいですよね。

でも、自分たちの衣装や写真撮影などは
予算が厳しい場合に安くする方法を検討する
のもひとつの手段です。

内容充実の結婚式

では、逆に内容を充実させた結婚式の場合
どのぐらいの費用になるでしょうか?

まず挙式関連の費用から
内容をアップしてみましょう!

・衣装、ブーケ&ブートニアの予算UP
・写真・映像のグレードアップ
・ヘアメイクはオプションの
ヘアメイクリハーサルも加えましょう。

【挙式関連費用 例】

挙式料 200,000円
新郎新婦衣装 350,000円
ヘアメイク 70,000円
ブーケ&ブートニア 50,000円
写真・映像 400,000円
合計 1,070,000円

【披露宴費用】

・料理、飲み物の内容をグレードアップ
・生演奏の演出を追加
・お色直しを追加

 

料理 480,000円
飲物 80,000円
ウエディングケーキ 30,000円
会場使用料 50,000円
会場装花 60,000円
介添え料 10,000円
プロ司会者 40,000円
音響機材 10,000円
生演奏 100,000円
お色直し衣装 200,00円
ヘアメイク
(色直し分)
20,000円
お色直用ブーケ 40,000円
印刷物 20,000円
引出物 100,000円
合計 1,240,000円

・挙式関連費用 1,070,000円
・食事会費用  1,240,000円
     合計  2,310,000円 

内容を充実させてみると
総費用は2,310,000円 となりました。

・シンプル&格安の食事会
→1,221,000円
・内容充実の披露宴形式
→2,310,000円

差額は1,089,000円。

内容に差があると
費用もかなり幅が出ますね!

30人で200万円の予算は妥当?どんな演出ができる?

では、30人で200万という予算の場合
どのような内容でできるでしょうか?

シンプルな内容で
パーティー形式の披露宴を行った場合の
結婚式の費用は…約166万円

・挙式関連費用 890,000円
・披露宴費用  768,000円
   総合計 1,658,000円⇒約166万円

200万円の予算に対して約166万円ですから、
200万円-166万円=34万円
のゆとりがあるということになります。

差額の約34万円をグレードアップや
演出などをと入れて内容充実させる費用
に充てることができます。

例えば…こんなグレードアップ!

・料理のグレードアップ
1人3,000円×32名=96,000円
・衣装のグレードアップ 100,000円
・写真・映像のグレードアップ 100,000円

参考までに、お色直しは
衣装20万円&ヘアメイク2万円程度ですので
カラードレスを着ることも可能です。

写真の前撮りも10万~20万円程度
ですので検討可能です。

では、この予算内で選べる
演出をご紹介しますね。

・デザートビュッフェ
1500円×32名=48,000円

・バルーンリリース
400円×32名=12,800円

・弦楽生演奏 100,000円

いかがでしょう?
意外といろいろありますよね。

単価は式場によって異なりますので
式場のプライスリストを
確認してみてくださいね。

30名で200万円の予算があれば
全ては難しくても、上手く予算を使えば
結婚式の内容に希望の演出を
組み込むことは十分可能ですよ。

ゲスト30人でもらえるご祝儀は少ない?自己負担額の相場は

結婚式でゲストからいただく「ご祝儀」。
ゲスト30名の場合はどのぐらい
もらえるのでしょうか?

ご祝儀はゲストの関係や年齢などにより
2万円~10万円等、幅があります。

一般的にご親族の場合
世帯ごとに5,7,10万円のご祝儀
であることが多いようです。

受け取るご祝儀を計算する際は
1人当たり3万円で計算すると
実際の合計額と近い金額がわかります。

30名のゲストには家族も含んでいますので
各4名家族だとしてそれを除いて
22名で計算してみましょう。

3万円×22=66万円

もちろん、親族が多いことを考慮すると
ご祝儀はこれより多くなる可能性も高いです。

結婚式の相場を150万円~230万円とすると
66万円を差し引きした自己負担の相場は…
凡そ80万円~160万円が
自己負担の相場と考えると良いでしょう。

30人の結婚式での会場選びのポイント

ゲスト30名で結婚式&披露宴・食事会。

結婚式の会場は
どのような点をポイントに選ぶと
良いのでしょうか?

【会場選びのポイント】

①会場の広さ
パーティー会場は人数に合う会場を
選ばないと空間が空いてしまい
淋しい感じになりがち。

収容人数20~60名までの大きさを目安に
小~中ぐらいの大きさのパーティー会場を
選ぶのがおすすめです。

②料理の美味しさ
30名のゲストの場合、パーティーは
食事と歓談を中心に和やかに過ごすことが
メインになりますよね。

美味しいお料理があるだけで
ゲストは自然と笑顔になり
会話の弾むパーティーになりますよ。

③スタッフの対応
30名のアットホームな結婚式の場合
スタッフの対応はとても目立つもの。
ゲストへ温かな雰囲気で対応してくれる会場
なら安心ですね。

まとめ


ゲスト30名の結婚式の費用について
その形式や内容による費用の違い
など情報を解説いたしましたが
参考になりましたでしょうか?

家族や親戚、親しい友人、
自分たちにとって欠かせない人たちと過ごす
結婚式は格別な結婚式になることでしょう!

30名の予定だったけれど50名に増えそう!
という方は下記の記事で
ゲスト50名の場合の結婚式の費用について
詳しい解説をしていますので、ご参考に!

⇒費用の相場!50人の場合に必要な金額はどれくらい?

結婚式で新郎新婦にとって
自分たちの大切な人たちにお祝いしてもらえる
ことは何よりの喜びですよね。

限られた予算をやりくりすることは
決して簡単なことではありませんが、
一生の宝物になる結婚式のため!
2人で協力して準備を頑張ってくださいね。

ABOUT ME
安田 みさき
元ウェディングプランナー。プランナー歴10年超です。 ゲストハウスウェディングやリゾートウェディングで数百組の新郎新婦をサポートをサポートしてきました。一生に一度の結婚式だからこそ、新郎新婦はどなたも皆、それぞれに喜びと同時に不安や疑問もたくさんお持ちです。またゲストや結婚式自体への思いや憧れもそれぞれです。だから結婚式は一つとして同じものがありません。現在は子育て中に付き現場におりませんが、たくさんの結婚式に携わってきた経験を活かして、このような場で結婚を控えた新郎新婦のお手伝いすることができればうれしく思います。


\ LINE@始めました /
友だち追加
友達登録してね^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA