席札

結婚式の席札メッセージ!上司や親戚に喜ばれる例文5選

席札に書かれた直筆のメッセージは、
ゲストにとっては嬉しいサプライズ。

お二人からの感謝の気持ちを
直接伝えることができるので、
ぜひ用意したいところです。

とは言うものの、文章を考えて
手書きをするのは大変なこと。

定型文でいいよね!

そう思っている方もいるかもしれません。

しかし定型文ではあまりにも機械的で、
気持ちが伝わらない。
ゲストにも、義理で書いたのでは?
と思われてしまうかも…。

そこで、こちらの記事では、

上司や親戚への席札メッセージの例文

さらに、

席札メッセージのポイントや注意点

についてお伝えしますね。

ぜひ参考になさってください♪

結婚式の席札メッセージで上司や親戚向けの5つの文例をご紹介!


それではまず、
席札メッセージの書き方について、
抑えておきたいポイントをお伝えしますね。

席札メッセージを書く際のポイントは2つ。

  1. メッセージの長さは統一する
  2. メッセージには句読点を使用しない

結婚式には様々な方が列席されますが、
どのゲストのメッセージも
同じくらいの長さで統一しましょう。

ゲスト同士でメッセージを
見せ合ったりした際に、
文章のボリュームに差があると、
気づいたゲスト同士も気まずい思いを
してしまいますよね。

メッセージの長さには、
統一感をもたせましょう。

また、結婚式に用いる文章には
句読点を使いません。
これは、「終止符を打つ」にも繋がり、
縁起が悪いとされているからです。

句読点の代わりに、
空白(スペース)を入れると
読みやすくなりますよ♪

また、席札メッセージ込めたいのは、
“お礼の気持ち”
“これからもよろしくの気持ち”

  • お世話になった思い出
  • 楽しかった思い出
  • 印象に残っている言葉
  • 感謝していること

以上のような、
ゲストとのエピソードを入れながら
簡潔にまとめるといいですよ♡

それでは、
こちらのポイントも踏まえつつ、
すぐに使えるメッセージの文例
ご紹介しますね!

結婚式の席札メッセージの文例1:【職場上司へ】

職場の上司へのメッセージには、
日頃のお礼と感謝の気持ちを込めましょう。

また、これからの指導をお願いする言葉
忘れずに入れましょう。

祝辞やなどをお願いしている方には
そのことに対するお礼の言葉を、
直属の上司の場合には、
日頃からの感謝の気持ちを中心に
伝えるようにしましょう。

職場上司へのメッセージ文例①本日はご多用の中 ご出席いただき
また ご祝辞もお引き受けいただき
誠にありがとうございます
結婚後もより一層 仕事に励む所存です
これからも ご指導 ご鞭撻のほど
よろしくお願い致します
職場上司へのメッセージ文例②本日はご多用の中 ご出席いただき
誠にありがとうございます
日頃から 未熟な私を
熱意を持って指導していただき
心から感謝しております
これからもご指導 ご鞭撻のほど
よろしくお願い致します

結婚式の席札メッセージの文例2:【職場先輩へ】

職場の先輩へも、
日頃のお礼と感謝の気持ち
メッセージに込めましょう。

上司と同じく、これからの指導を
お願いする言葉も必須です。

職場先輩へのメッセージ文例本日は ご出席いただき ありがとうございます
○○さんには いつも相談にのっていただいたり
助けていただいて感謝しております
これからも ○○先輩を目標に
頑張っていきます
今後もご指導のほど
よろしくお願い致します!

結婚式の席札メッセージの文例3:【親戚(おじ・おば)へ】

おじ・おばは、新郎新婦さまを
幼い頃からご存じの方。

“第二の親”ともいえるかもしれません。

幼少の頃からのエピソードを交えて、
語りかけるように感謝の気持ちを
伝えましょう。

おじ・おばへのメッセージ文例①本日は 私たちの結婚式に
ご出席いただき ありがとうございます!
おばさんには 小さい頃から
可愛がっていただきました
おばさんからもらった ぬいぐるみは
今でも 大切に持っています
これから もっと幸せになります
見守っててくださいね!
おじ・おばへのメッセージ文例②今日はありがとうございます!
大好きな おじさん
小さい頃は 体を張って遊んでくれましたね
今でもスポーツが好きなのは
おじさんの影響かな と思っています
おじさんに 花嫁姿を見てもらえて
本当に嬉しいです
これからも
どうぞよろしくお願いします!
おじ・おばへのメッセージ文例③今日は本当に ありがとうございます!
おじさんとおばさんは とても仲が良くて
素敵だな~と思っていました
またお家に遊びにいきますので
夫婦円満の秘訣を
教えてもらいたいです♡
これからも ○○(新郎の名)くん共々
末永くよろしくお願い致します!

結婚式の席札メッセージの文例4:【親戚(いとこ)へ】

いとこは幼い頃からお互いを知っている仲。
共通の思い出も多いですよね。

思い出のエピソードを添えて、
親しみのあるメッセージを。

いとこへのメッセージ文例今日は出席ありがとう!
最近はなかなか会うことが
なくなってしまったけど
子供の頃にみんなで遊んだ思い出は
私の宝物です♡
○○ちゃんも素敵な人を見つけてね!
今度新居に遊びに来てください
これからもよろしくお願いします!

結婚式の席札メッセージの文例5:【親戚へ】

祖父母や子供など他の親戚にも、
思い出のエピソードを交えたり、
現在の状況をふまえたメッセージ
伝えましょう。

祖父母へのメッセージ文例おばあちゃん 今日は遠くからありがとう!
おばあちゃんのお雑煮は
いまでも私の大好物♡
おかげさまでこんなに大きくなりました
これからもおじいちゃんと仲よく
長生きしてくださいね!
またお正月に遊びにいきます
子供へのメッセージ文例今日は来てくれて ありがとう!
ちっちゃかった○○くんも
すっかり大きくなって びっくりしました
来年は6年生だね!
ますますイケメンになってね♡
野球もがんばってね~!
応援してます!
小さな子供へのメッセージ文例きょうはきてくれてありがとう!
たくさんたべて たのしんでね!

結婚式の席札メッセージなしはダメ?


もはや定番となっている席札メッセージ

しかしこのメッセージを書くというのは、
なかなか大変な作業でもあります。

ゲストの人数が50名であれば、
新郎新婦それぞれに25名以上の
メッセージを手書きすることとなります。

忙しい結婚式準備のスケジュールの中で
かなり負担となってきますよね。

ゲストの人数が増えれば増えるほど、
大変な作業となるのもわかりますね。

その他にも、

  • 職場の上司へは書きにくい
  • 両親へは手紙を読むのでメッセージは不要に思える
  • 新郎がメッセージを書きたくないと言っている
  • 何年も会っていない親戚に何を書いたらいいかわからない

といった声もよく聞かれます。

私も実際に、新郎新婦さまから
相談されたことが何度もあります。

そして、皆さんそろっておっしゃるのが、

「でも、席札にメッセージが無いと
 失礼になるのでは?」

ということ。

実際はどうなのでしょうか。
失礼にあたるのでしょうか…?

詳しくお伝えしていきますね!

結婚式の席札メッセージは必ず必要というわけではない

結論から言いますと…、

席札メッセージは必須ではありません。
必ず書かなければならないものではないのです。

席札にメッセージを書くということ自体、
歴史の浅いものです。
アットホームなウェディングが主流になって、
支持されるようになった演出なのです。

席札にはメッセージを書かないといけない。

そう思い込んでいる方が多いようですが、
決してそんなことはありませんので
安心してくださいね。

席札にメッセージがなかったからと言って、
「失礼だ!」と思われることもありませんよ。

特定の人にだけ書いてもOK

席札メッセージは、
全員に書く必要もありません。

特に男性は、このようなことを
苦手としている方が多いものです。

新郎さまが書きたくないと言っている、
という場合は、花嫁さま側のゲストにだけ
メッセージを書く、ということでも
まったく問題ありません。

その他にも、

  • 職場の上司や友人など来賓にだけ書く(親族には書かない)
  • 友人にだけ書く
  • 職場や仕事関係の方にだけ書く

と、様々なバリエーションがあります。

ただ、全員にメッセージを
書かない場合には気をつけたい
こともあります。

2つの注意点を確認しておきましょう。

気をつけたいこと① ‟書くor書かない”はテーブルごとに統一

席札メッセージは全員に
書かなくても構いませんが、
テーブルごとに統一しましょう。

同じテーブルの中で、
メッセージがある人とない人がいると、
それぞれに気を遣わせてしまいますよね。

メッセージの“書くor書かない”は、
個人ごとにではなく、テーブルごとで
考えるようにしましょう。

気をつけたいこと② ‟司会者アナウンス”は全員に書いたときのみ

席札メッセージは、
席札の内側や裏側など、
表側からは見えないところに
書くケースが多いもの。

メッセージに気づかないゲストも
いるかもしれません。

そこで、司会者からアナウンスを
入れてもらうと効果的なのですが、
全員にメッセージを書いていない場合は、
このアナウンスを控えてもらいましょう。

席札メッセージを全員に書くのか、
特定のゲストにだけ書くのか、
事前に司会者にも伝えておくといいですよ。

まとめ


ゲストひとりひとりの事を思って
書かれた席札メッセージ。

受け取る側はとても嬉しいものです。

お二人の直筆のメッセージは、
心のこもったおもてなしになりますね。

しかし、ゲスト全員にメッセージを
書くことは、とても大変な作業。

結婚式直前の時期に
書くことにもなるため、
多忙なお二人にはかなりの
負担になってしまうかも。

でも、お伝えしたとおり、
一部のゲストにだけ書く、
という選択肢もあります。

ゲストへの感謝の気持ちを
直接伝えたい!という方は、
できる範囲で取り組んでみてくださいね。

席札を手作りするならこちらの記事も
チェックして☆
様々なアイデアをご紹介します♪

⇒結婚式の席札の手作りアイディア10選!手作りキットも合わせて紹介

DIYの強い味方、
100均アイテムを活用した
席札づくりのアイデアも♡

⇒結婚式の席札手作り!100均をフル活用して簡単に作れる方法は?

席札メッセージ、書く?書かない?
お二人でよく話し合ってくださいね!

ABOUT ME
水谷 響
水谷 響
現役のブライダル司会者。これまでに、900組以上を担当。 ホテル、ゲストハウス、レストランでのウェディングを多数経験。 披露宴はもちろん、人前式の司式や1.5次会や2次会など、エレガント系から盛り上げ系まで、さまざまなスタイルのパーティーを担当しています。 ブライダルの他、お料理イベントやダンス発表会、クラシックコンサートのMCなども。 ピリッとスパイスの効いた、愛ある場づくりが得意。 自他ともに認める‟言葉オタク”で、話すことも書くことも大好き♡ スピーチ指導や、スピーチライティングも行っています。 趣味は、美味しいもの探索と舞台鑑賞。 座右の銘は「いつも心に喝采を」。 音楽大学出身。


\ LINE@始めました /
友だち追加
友達登録してね^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA