テーマ・装花

結婚式のブーケは造花はアリ?生花やプリザーブドとの違いも

結婚式のブーケにおいて
悩みどころなのは素材選びですよね。

生花にするか造花にするか
あるいはプリザーブドフラワーにするか…

造花ブーケは気になるけど、
実際に造花で作って
ゲストにどう思われるのか不安…
友達は結婚式で生花ブーケだったから、
私もそうした方がいいのかな…?
と考えている人も多いはず。

でもなんとなく決めて
後で後悔するのは嫌ですよね!

そこで今回は、
造花ブーケについて詳しく調べてみました!

  • 造花ブーケのメリット、デメリット
  • 生花ブーケとの3つの違い
  • プリザーブドとの違い…etc.

造花ブーケってアリなの?
という疑問を持つあなたに
お役立ち情報をお届けします!

結婚式のブーケに造花を使ってもOK!

そもそも造花と聞くと
どんなイメージがありますか?

布やプラスチックで作っていて
なんとなく”安っぽい”
と思っていませんか?

ですが最近では
造花のクオリティもかなり上がり、
生花と見間違えるほど
高品質のものが増えています

そして高品質な造花が増えてきたからこそ
造花ブーケが沢山の花嫁に
選ばれるようになってきたんですね!

結婚式のブーケに造花を使うメリットとデメリットを比較

では実際に造花ブーケが選ばれる
具体的な理由が気になりますよね。

メリットとデメリットを
それぞれ解説しますので
参考にしてみてくださいね!

ブーケに造花を使うメリット

メリットその①
結婚式だけでなく、
前撮りや二次会でも使える

生花だと季節によっては
早くしおれたり枯れてしまう為、
結婚式に使うのが精一杯ですよね。

でも造花なら枯れてしまう心配もありません
結婚式後の二次会はもちろん、
前撮りの時にも安心して使えます

結婚式と同じブーケで
写真を残せるのも嬉しいですよね!

メリットその②
結婚式の後はそのまま保管できる

大切な思い出の詰まったブーケ。
生花だとそのまま枯らしてしまうか、
費用をかけて
押し花やドライ加工にしての保存
になりますよね。

でも造花ブーケならそのまま保管できます
埃が気になる場合は
ケースの購入が必要ですが
それ以外は特に費用がかからないのも
嬉しいポイントですね!

メリットその③
季節に関係なく希望の花を使える

ふたりの思い出の花や
好きな花はありますか?

でももしその花が
結婚式の時季には使えない花なら
他の花で代用を…
と考えるのではないでしょうか?

でも造花なら諦める必要はありません!
しかも花の種類によっては
造花だから選べる色味もあるので
選択肢も広がりそうですよね!

ブーケに造花を使うデメリット

デメリットその①
造花へのイメージや先入観からくる
ゲストへの引け目や抵抗感

造花のクオリティが上がってもなお、
造花は”安っぽい”、”偽物”
というイメージや先入観を持つ人が
一定数いるのは事実です。

例え自分で納得して
造花ブーケを選んだとしても、
周りの人にどう思われるのかが
気になってしまいそう

そんな引け目からくる抵抗感が
一番のデメリットかもしれません。

デメリットその②
間近で見ると造花だと分かってしまう

やはり間近で見ると
生花ならではの香りや瑞々しさがないので
造花だと気づく人もいるようです。

これは裏を返せば
一見しただけでは分からないほど
造花のクオリティが高くなった
ということでもありますね。

以前までは品質や見映えの悪さが
デメリットにありましたが、
製造技術の向上によって
高品質な造花が増えたことから
現状のデメリットにすり替わったようです。

造花の品質の参考になる
製作動画を見つけたので
気になるあなたはこちらをご覧ください!

結婚式のブーケを造花で!生花やプリザーブドとの違いとは

ここまでは
造花のメリットやデメリットについて
詳しくご紹介しましたが、
ここからは生花とプリザーブドフラワー
それぞれと比較して
どんな点が魅力なのかをお伝えします!

造花と生花の3つの違い

生花と比較すると3つの点から
造花を選ぶメリットがありそうです。

生花ブーケと造花ブーケ、
どちらにしようか悩まれている方は
先程ご紹介したメリットと合わせて
検討してみてくださいね!

1.アレルギー持ちでも安心

「花粉症」が世間一般に認知されるようになって
アレルギーについての認識も
かなり広まりましたね。

ですが人によっては
季節の変わり目に飛散する花粉とは違い、
身近な花の花粉で
アレルギー反応を起こす人もいるのを
ご存知でしょうか?

例えばブーケによく使われる
人気のバラやマムも
アレルギー反応を誘発させる花の一つです。

目のかゆみ、くしゃみや鼻水など
症状は様々ですが、
写真や動画撮影で記念に残ること
ゲストから注目を浴びる状況において
そんな症状に悩まされるのは
避けたいものですよね。

ですが造花なら
その心配もありません!

希望の花を取り入れて
好きなデザインでブーケを作ることが
可能です!

アレルギーでお悩みの方には
安心して結婚式を楽しむためにも
造花ブーケがおすすめです。

2.作り直しできる

ブーケの打ち合わせで
イメージに近いデザインの
写真の切り抜きを渡したり、
花の種類を指定したり。

入念に準備をしても
当日を迎えるまでは
どんな仕上がりになるのか
分かりませんよね。

少ない例ではありますが、
当日出来上がったブーケを見ると
”希望のデザインと全く異なるものを渡された”
と悔しい思いをした花嫁も

すぐに作り直してもらえるなら
問題ないのですが、
そうでない場合は
やはり後悔が残ってしまいますよね。

造花で作るブーケの場合には
事前に試作品の確認も、
作り直しを希望することも可能です。

”どうしてもこのデザインにしたい!”
といったこだわりがある場合は
造花でブーケでを作ると
希望のデザインのブーケで
結婚式に臨めそうですね。

3.費用を安くできる

同じようなボリューム、
同じようなデザインでも
生花と造花では費用に差が出ます

生花は時季によって価格も変動しますし、
夏場など猛暑になると
予定していた花が急遽入荷できず、
代わりの花を用意せざるを得なかったり…と
かけた費用に対して
ボリュームが小さくなるなどの原因が
いくつもあります

その点、造花の価格は安定しています。
もし希望の花が在庫切れだったとしても
製作期間が長くとれることから
入荷を待つことも、
代替品を用意することも可能です。

また
【ブーケに造花を使うメリット】
でもご紹介しましたが、
結婚式だけでなく、前撮りや
結婚式の後に保管する場合は
それぞれに費用をかければ
それだけ出費もかさんでしまいます。

希望のデザインで
少しでも費用を抑えたい!
と思われるのであれば
造花のブーケは魅力的かもしれませんね。

結婚式のブーケの相場が気になるあなたは
こちらも参考にしてみてくださいね!

⇒結婚式のブーケの相場は?シルエット別の値段を徹底調査

造花とプリザーブドの違い

”結婚式だけでなく、前撮りで使ったり
結婚式の後も保存したい”
と希望されている方は、
プリザーブドフラワーも
検討されているかもしれませんね!

そこでここからは
造花とプリザーブドフラワーを比較して
造花を選ぶと得られるメリットを
お伝えします!

1.丈夫である

プリザーブドフラワーは
「枯れない魔法の花」などと言われ、
永遠に美しい状態を保てると
思われることも少なくありませんが、
実際にはそうではありません

プリザーブドフラワーは
直射日光や湿気に弱く、
ちょっとした衝撃で
破損してしまうこともあります。

また、適切な環境下で保管しても
長くて7~8年が限度のようです。

しかし造花は
少しの衝撃で破損することは
ほとんどありません

長期間、直射日光に当てるのは
色落ちの原因にも繋がるので避けたいですが、
湿度管理なども
さほど必要ありません

また、埃などが気になる方は
ケースに入れて保管されると
更に美しい状態のままで
長期間保管できそうですね!

先輩花嫁の中には
お母様が式を挙げられた時の
造花ブーケがケースに入った状態で
今も飾られていることから、
同じく造花ブーケにして
ご自宅に飾ることを決めたそうです。
とっても素敵ですよね!

2.花びらを触っても色落ちしない

プリザーブドフラワーは
鮮やかな色のものが多いですが、
加工液や塗料が施されていることから
場合によっては
直接触ると色落ちすることがあります

加工液や塗料自体は
人体に影響はありませんが、
花びらが張り付いてしまったり
色落ちしてしまうのは
悲しいですよね。

ですが造花なら
触っても色落ちや色移りする心配は
ありません

結婚式だけでなく、
前撮りでも安心して使えそうですね!

まとめ

いかがでしたか?

造花のブーケには
生花やプリザーブドフラワーで作る
ブーケにはないメリットが
沢山あったのではないでしょうか

また、造花へのイメージや
価値観は人それぞれです。

もしあなたが造花に感じた魅力が
デメリットより勝るようなら、
結婚式に造花のブーケは
”アリ”なのかもしれませんね!

生花のブーケを自分で保存できる方法が
あるかどうか気になるあなたは
こちらを参考にどうぞ!

⇒結婚式のブーケの保存を自分でできる?おすすめの方法や加工店も

ブーケのデザインでまだ悩み中の方は
こちらをご覧ください!

⇒結婚式のブーケの人気ランキング!おすすめデザイン5選

ABOUT ME
大森 恵子
ブライダルの専門学校へ通い、様々な知識を学ぶ中でABC検定、サービス接遇検定準1級等を取得。 卒業後に結婚式場を運営する企業へ就職。入社から約1年は結婚式の会場責任者やエスコーターに従事し、現場経験を積む。 その後、広告宣伝等に携わる本社の企画部署へ異動。 ブライダル情報誌やパンフレット、Webページの製作から、各広告媒体に使用する宣材写真の企画立案、ディレクションも兼務。 撮影以外でも、お客様が式場見学に来られる際の会場装花の提案も多数担当。 異動から約5年、式場スタッフと共に沢山のカップルが理想の結婚式のカタチを実現出来るような場所や空間作りを行ってきたが、自身の結婚を機に退職。 現在は、今までに培った知識や経験、そして自身の結婚式で得た感動を元に子育てをしながらライターとして活躍中。


\ LINE@始めました /
友だち追加
友達登録してね^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA