挨拶

結婚式で親族紹介しない!やらないと後悔する3つのポイントは?

結婚式の親族紹介とは、
新郎新婦の結婚によりご縁をいただいた
両家が一同に会し互いを紹介し合うもの。

挙式の前後に行われるケースが多いですね。

お互いの親族の顔や関係性を知ることができ
「これからお願い致します」という
気持ちも伝えることができます。

結婚式では必須と考えられている
この親族紹介ですが、
実は必ずしも行わなければならないと
いうものではありません。

実際に、親族紹介を
行わなかったという方もいますが、
しなかったことを後悔した!という
声もよく聞かれます。

こちらの記事では、

「親族紹介をしないと後悔する理由」
「親族紹介をしなかった人の口コミ」の他、
親族紹介にまつわるあれこれを、
まとめてお伝えします!

ぜひ参考にしてくださいね。

結婚式で親族紹介しないと後悔する3つのポイントは?


「結婚式で親族紹介をしなくて後悔した!」

そんな声がよく聞かれます。

親族紹介をしないと後悔するポイントは
どこにあるのでしょうか。

ポイント3つ、お伝えしますね。

1.予定しないタイミングで親族紹介することになる

親族紹介の場を設けなかった場合、
予期せぬタイミングで親族紹介が
始まってしまうことがあります。

初対面であれば、
“紹介したりされたり”は自然な流れ。

挙式後の披露宴までの待ち時間であったり、
披露宴や会食中に親族同士の紹介が
始まってしまうことがあります。

そうなると、
本来の予定していた進行や演出に
影響が出る可能性もありますね。

2.親族には「親族紹介は必要」と考える人が多い

親族の中には、結婚式での親族紹介は
必要なものと考えている方が多いもの。

ご縁を大切に思う方や、
初対面の方にはご挨拶をと思う方や、
礼儀を重んじる方もいらっしゃいます。

特に年配ほど、その傾向が強いですね。

結婚式での親族紹介は必須だと
思っている方も多いので、
その意向を汲む必要があるかもしれません。

3.親族同士の名前と顔が一致しにくい

事前に親族紹介をしていないと、
親族同士の名前と顔が一致しませんね。

いざ披露宴や会食が始まってから、
「あの人は誰だろう?」
と気まずい雰囲気にもなり兼ねません。

一度きちんと紹介し合っておけば、
その後の歓談もスムーズに和やかに
進むでしょう。

結婚式の親族紹介!必要派と不要派の口コミやエピソードとは?


結婚式での親族紹介に関しては、
必要と考える人不必要と考える人
いるようです。

必要派と不要派の
口コミやエピソードをご紹介しますね♪

必要派の口コミ&エピソードは?

まずは、
「親族紹介は必要!」
「親族紹介をやって良かった!」
という口コミ&エピソードをご紹介します。

結婚式後は、両家の親族が一同に会する機会はなかなか無いと思うので、親族紹介はけじめとしてやった方が良いと思う。

まだまだ「結婚は家と家との結びつき」という意識が高いので、父親に仕切ってもらうのが自然に感じました。

私の両親は、新郎側の親族はどんな方々なのだろうと気になっていたようです。親族紹介をして良かったです。

親族のみの少人数の結婚式だったので、披露宴の中で親族紹介の場を設けました。自分の席で起立して、マイクを回して自己紹介形式にしたのですが、アットホームな雰囲気でとても良かったです。

一般的には、
「結婚式では親族紹介をするもの」
という認識が高いので、
親族紹介をすることに関して
否定的な意見はほとんどありません。

同様に、実際に親族紹介を行って、
「やってよかった!」
という口コミがたくさん見られました。

不要派の口コミ&エピソードは?

続いて、
「親族紹介は不要!」
という口コミ&エピソードをご紹介しますね。

結婚式当日は時間的な制約が厳しいので、親族紹介を無しにしました。堅苦しいことが苦手なので、かえって良かったと思いました。

2人で「親族紹介は必要ないよね」と思って、やりませんでした。しかし後から、父が親族紹介の準備をしていたと聞いて、やればよかったと後悔しました。

両家の親族の人数の差が大きかったので親族紹介は行いませんでした。

新郎新婦など、若い世代の中には、
「親族紹介は不要」と考える方も
増えているようです。

式場によっては、
当日のタイムスケジュールに
制約がある場合も多く、
「時間の節約のため親族紹介を省略した」
という口コミがチラホラ見られました。

また、あえて親族紹介をしなかった、
というケースは、
親族の人数が極端に少なかったり、
両家の親族の人数に差があったり、等、
何かしらの理由がある場合でした。

親族紹介なしの結婚式もあるの?


「結婚式では親族紹介をするもの」
というのは一般的な考えですが、
必ずしも行わなければ
ならないものではありません。

中には、
「親族紹介をあえて行わない。」
という結婚式も増えています。

例えば、

  • どちらかの親族が少ない場合
  • 事前の顔合わせなどで紹介が済んでいる場合

といった場合です。

結婚式の親族紹介有無は両親に相談するのがおすすめ!


結婚式で親族紹介をするか否かは、
両家の両親にも相談しましょう。

新郎新婦が「親族紹介は行わなくてもOK」
と考えていたとしても、両親は違う考えを
持っているかもしれません。

「親族紹介はするもの」
と思っていたり、
「相手方の親戚にきちんとご挨拶したい。」
と思っているかもしれませんよね。

両親にもきちんと相談しましょう。

まとめ


結婚式では親族紹介を行うことが
一般的ですが、現在では
親族紹介をしないという
新郎新婦も増えています。

「親族の人数が少ない」
「少人数での結婚式」
「堅苦しいのは苦手」
など、
結婚式のスタイルの多様化に伴って、
親族紹介の仕方も多様化しています。

結婚を機に新たなご縁で結ばれる両家。
両家の親族が一同に会する機会を、
有効に過ごしたいものですね。

親族紹介の基本知識を事前に確認!
こちらの記事も併せてどうぞ♪
⇒結婚式の親族紹介の順番は?失敗しない挨拶の例文も

両家の素敵なご縁を、
ぜひ深めてくださいね!

ABOUT ME
水谷 響
水谷 響
現役のブライダル司会者。これまでに、900組以上を担当。 ホテル、ゲストハウス、レストランでのウェディングを多数経験。 披露宴はもちろん、人前式の司式や1.5次会や2次会など、エレガント系から盛り上げ系まで、さまざまなスタイルのパーティーを担当しています。 ブライダルの他、お料理イベントやダンス発表会、クラシックコンサートのMCなども。 ピリッとスパイスの効いた、愛ある場づくりが得意。 自他ともに認める‟言葉オタク”で、話すことも書くことも大好き♡ スピーチ指導や、スピーチライティングも行っています。 趣味は、美味しいもの探索と舞台鑑賞。 座右の銘は「いつも心に喝采を」。 音楽大学出身。


\ LINE@始めました /
友だち追加
友達登録してね^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA