相場・節約

結婚式の後払い交渉のコツとは?費用を抑える方法も伝授!

結婚式をするにあたって、
気になる結婚式場との条件。

費用の前払いを条件としている
結婚式場は多く、
自己資金が少ないカップルの
悩みの種でもありますよね。

結婚式では多額のご祝儀をいただきます。

できるなら、そのご祝儀を
費用の支払いに充てたいですよね。

そこで、結婚式費用を後払いにするには
どうしたらいいのか、調べてみました。

結婚式場との交渉や
後払い可能な結婚式場の情報もご紹介します。

結婚式費用の後払いを実現するため、
最大限の努力をしてみましょう。

結婚式費用を後払いできる会場を選ぶ


出典:HIMARI(ヒマリ)

ご祝儀を結婚式費用に充てたい場合、
先払いの会場で後払いの交渉をするよりも、
後払いOKの会場を選ぶのが一番確実です。

でも、どの結婚式場でも
「後払いOK!」と堂々と謳っている
会場は少ないものです。

そこでおすすめなのがHIMARI(ヒマリ)
という式場探しサービスです。

ヒマリはオンライン上で
式場探しと空き状況確認・仮予約まで
できるサービスで、
自己負担額0円~99万円までの
会場が掲載されています。

ヒマリで会場を探すと

  • 後払い可
  • 一部後払い可

というマークが表示されるので、
そもそも後払いできる会場だけを
選んで探することが可能です。

「自己負担額0円」「後払い可」の
会場を選ぶと、実質貯金が0円でも
結婚式ができちゃうというわけですね。

⇒HIMARI(ヒマリ)で後払いOKの式場を探す

どんな会場が掲載されているか、
公式サイトでチェックしてみてくださいね。

結婚式費用を後払いにしたい!交渉のコツを大公開

もともと先払いを前提としている式場に、
ただ「後払いにしてほしい」と言っても、
すんなりOKは出ません。

正直に事情を説明したとしても、
ブライダルローンの利用などを勧められただけ
という人もいます。

より確実に、後払いを認めてもらうためには
どのように交渉すればいいのでしょうか?

①クレジットカード払い可能か確認する

クレジットカードで支払えるのなら、
これほど好条件はありません。

支払う側からすれば
クレジットカード会社から
引き落としされる期日まで、
支払いを遅らせることができます。

式場側としても、
クレジットカード会社から費用が支払われるので
未収金となるリスクを回避できます。

結婚式費用はかなりの金額になるため、
ポイントがたくさん貯まるというメリットも。

問題は、クレジットカードの利用可能額です。

全額を1枚のクレジットカードで
支払えないケースも多いでしょう。

その場合は
クレジットカード会社に連絡を入れて、
利用可能額を一時的に増やしてもらうか、
複数枚のクレジットカードの利用を
考える必要があります。

また、式場によって
「クレジットカードの支払いは〇万円まで」
という制限がある場合もあります。

そもそもクレジットカードの扱いが
ないことも考えられるので、
契約前にしっかりと確認しましょう。

②貯金が少しあるなら一部先払いが可能か確認

全額先払いが難しい旨を伝え、
一部の先払いを申し入れると
残額の後払いを認めてくれる場合があります。

ただ「後払いにしてほしい」と言っても
式場側からすれば
「本当にそれだけのご祝儀が集まるのか」
という疑問があります。

もしも集まらなかった場合、
式場は足りない金額が入金されないリスクを
背負うことになります。

一部先払いは、
そのリスクを少しでも軽減できるので、
全額後払いよりも
交渉のハードルは下がるでしょう。

③契約段階で後払いの交渉をする

契約前に「後払いでOKなら契約する」
と交渉する方法もあります。

そもそも、確実に結婚式費用を
後払いにしたいのなら、
契約前の交渉が前提になります。

結婚式を申し込んだということは、
規約や約款に同意したとみなされるので、
契約後の交渉はかなり不利です。

規約や約款に、前払いの記載がある場合は、
交渉は難航すると思った方がいいでしょう。

後払いを認めてもらう条件として

  • 支払期日を明記し、
    署名捺印した文書を双方で保管する
  • 保証人を立てる

などがあります。

いずれにしても、
「必ず支払う」という意思を伝えることと、
その意思を文書に残すことが大切です。

注意点としては、
契約自体をお断りされる可能性もあること。

式場側としても、回収できないリスクを
背負いたくないのが本音です。

④オプション追加と引き換えに後払いを交渉

結婚式のプランにはオプションがあります。

式場側とすれば、オプションは
たくさん申し込んでもらうに
越したことはありません。

「後払いOKにしてもらえたら、
〇〇のオプションをつける」と交渉すれば、
後払いにしてもらえる場合もあります。

この交渉のコツは
最初からつけるつもりだったオプションでも
先に言わずに交渉のカードとして
取っておく
こと。

初めは「あくまで最低のグレードで」
という姿勢でいた方が交渉が楽です。

注意点は、
当然オプション料金がかさむということ。

ご祝儀の金額に不安がある場合は、
あまりおすすめできる方法ではありません。

⑤お金が足りないからグレードダウンするとカマをかける

お金が足りないことを盾に
「グレードを下げる」
と言ってみる方法もあります。

途中まではある程度のグレードの内容で
打ち合わせを進めていきます。

そしていよいよ結婚式が近づいてきてから、
突発的な事情が起きて
「お金が用意できなくなった」ことを伝えます。

そこで「先払いが必要であれば
グレードを思いっきり下げるしかない」
とカマをかけてみます。

結婚式には準備期間があります。

すでに他のお客さんの予約が
見込めない時期であると式場が判断すれば、
「それなら後払いでもOK」
となるケースもあるでしょう。

ですが、この方法はあくまでもカマかけなので、
「それなら
グレードダウンしていただいて結構です」
と言われてしまう可能性もあります。

そして何より、
それまで打ち合わせをしてきたことが
水の泡になってしまう
というデメリットがあります。

売上金額よりも確実な回収をとる式場には
通用しない方法だと思った方がいいでしょう。

どうして結婚式費用は後払いできないの?

ここで素朴な疑問がわいてきます。

「なぜ結婚式の費用は後払いができないのか」

まだやってもいない結婚式に
先に料金を支払うのは
消費者として納得がいかない!
という人もいるでしょう。

先払いを強要されると、
自分が信用されていないのか?
と不快になるかもしれません。

ですが結婚式費用の項目を見てみてみると
後払いができない理由がわかってきます。

結婚式費用を後払いするとなると

  • 料理や飲み物は、既に提供されたものになるので後払い
  • 衣装や美容も、同様の理由で後払い
  • 写真やビデオは、まだ手元に届かないので、後払いなのに先払い

あれ!?となりますよね。

結婚式の費用は、いつの段階で支払っても
どこまでが先払いで、
どこからが後払いなのか
わからない項目も多いのです。

これがどういうことを意味するかというと、
式場の都合として

  • 式場の売上は結婚式の日で計上される
  • 式場には業者からその日の日付で請求書が上がる
  • 売上金が回収できていなくても
    業者への支払いが発生する

ということになります。

おまけに結婚式費用は高額です。

もちろん、可能性として
消費者側の支払不履行も考えられます。

その場合、最悪のケースでは
法廷で争うことになってしまうでしょう。

式場側としても
そのようなトラブルは避けたいので
多くの式場では
先払いが条件となっている
のです。

また、クレジットカードの支払いを
受け付けない式場が多いのは
支払手数料を式場側が負担しているから。

これらの理由から、多くの式場では
結婚式費用は現金先払いとなっています。

格安!完全後払いの定額ウエディングで結婚式が叶う!?

このようなことから
費用の先払いが申し込みの条件の結婚式場に
後払いを交渉するのは
なかなか難しいのが現状です。

それなら初めから、
後払いでもOKの結婚式場に申し込んだ方が
ストレスもかからず、安心です。

後払いをOKしている結婚式場は、
そもそも「ご祝儀で支払える価格設定」
であることが多く、費用形態もシンプル。

さまざまな要素で費用が変動しない
「定額ウェディング」なら
格安で結婚式が叶います。

結婚式場紹介サイトのハナユメでは、
後払いに対応してくれる結婚式場を
数多く紹介しています。

⇒ハナユメ公式サイトで定額ウェディングの詳細を確認する

ハナユメ定額ウェディングは2019年2月にサービスが終了しました。

費用面の心配がクリアになるので、
結婚式準備に集中して臨めますね。

まとめ

結婚には、何かとお金がかかります。

新居の準備や新婚旅行、
結婚指輪の購入などを考えると、
正直なところ、結婚式だけに
多額を消費できるわけではありませんよね。

ですが、費用の先払いがネックでも
結婚式を諦める必要はありません。

親に費用負担してもらえるか
まずは平均の割合をみてから
相談してみるのもアリですね。

⇒結婚式の費用は親が出すもの?負担してもらう割合の平均とは?

結婚式の費用の他にも
ブライダルフェアに予約するだけで
商品券がもらえるキャンペーンに
参加するのもいいかもしれませんね。

⇒ブライダルフェアの予約で商品券が貰えるキャンペーン5選

これらの方法を試してみたり、
ハナユメで格安ウェディングができる式場を
探してみることで、
費用の問題は解決できることも多いのです。

後払い交渉を成功させて、
支払いのストレスなく結婚式を挙げましょう。

ABOUT ME
雑賀美帆
雑賀美帆
約10年間ブライダル業界に在籍し、ホテル・フリーランスでのウェディングプランナーを経験。欧米スタイルのウェディングプランナーに憧れ、ABC検定2級を取得する。文化やしきたり・色彩・フラワー・テーブルコーディネートなどの専門知識を習得。 画一的な結婚式ではなく、何十年後先も思い出して楽しい気持ちになるようなオリジナル性のある結婚式をテーマに500組以上のカップルの結婚式を担当。 相談の段階ではどんな結婚式にしたいのかわからない方も多いため、好きな食べ物や音楽・服、嫌いな食べ物までコツコツとヒアリングを行い、スタイルにあった結婚式を提案。一種の”自己実現”をお手伝いする機会に恵まれた。


\ LINE@始めました /
友だち追加
友達登録してね^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA