写真

結婚式の写真データはいつ?アルバムや台紙の納期も

結婚式の写真をSNSなど
ネット上へアップする人が増えている中、
自分の結婚式の写真も、結婚の報告を兼ねて
色んな人に見てもらいたいですよね!

ここで気になるのは
その写真がいつ納品されるのか?
ということ。

カメラのデジタル化が進んだ今、
撮影データならその日にもらえるのでは?
と思う人も中にはいるかもしれません。

しかし、もしそのように
即日データがもらえると思っているなら
“楽しみにしているのに
何日経っても納品されない!”

とイライラすることになるかもしれません。

そこで今回は、
結婚式の写真データはいつもらえるのか?
を調べてみました!

  • 写真のデータはいつもらえるの?
  • 写真のアルバムを
    外注する場合の納期は?
  • カメラマンは納品までの期間に
    何をしてくれている?…etc.

結婚式の写真データの納期が知りたいあなたに
お役立ち情報をお届けします!

結婚式の写真データはいつもらえるの?

結婚式の写真データがいつもらえるのか?

それは、撮影を依頼した相手が
式場カメラマン、外注のカメラマンの
どちらなのかによって納期が変わってくるのを
ご存知でしょうか?

同じカメラマンであれば
納期も同じくらいだと
思われるかもしれませんが、
実際には作業内容や納品の仕方の違いから
納期までに要する期間が異なります

それでは式場カメラマンと外注カメラマン
それぞれの写真データの納期を
見比べてみましょう!

写真データの納期:式場カメラマンの場合

式場カメラマンの場合、
写真データの納期は早い場合は3週間、
一般的には1~2ヶ月が目安です。

式場カメラマンへ依頼した場合、
大体が以下のような流れで納品されます。

  1. 撮影データのバックアップ
  2. 撮影データのセレクト(※1)
  3. 撮影データのレタッチ(※2)
  4. 撮影データの現像
  5. データをDVDに書き出す
  6. 現像した写真とデータDVDを納品

※1 セレクト
撮影した全データから納品する写真を厳選すること。
新郎新婦が目を瞑っているような除外すべきの写真の削除や
同じようなカットなら
表情が一番いい写真に絞るなど、
セレクトにはかなりの時間を要します。

※2 レタッチ
色味や明るさ補正などの修正を施すこと。
レタッチをすることで写真の美しさがかなり変わります。

結婚式の後、
おふたりの手元に写真データが届くまでに
このような作業が行われているのですね!

アルバム作成も式場へ依頼する場合は、
現像した写真を見て
どの写真を使うか選ぶ作業がありますが、
おふたりの手元に届く写真は
既に厳選された状態。

納品までに期間はかかりますが、
カメラマンさんが
セレクトと現像をしてくれているおかげで

おふたりの負担が軽減されていることは
間違いありません。

写真データの納期:外注のカメラマンの場合

外注カメラマンの場合、
写真データの納期は
1週間~1ヶ月が一般的な目安です。

外注カメラマンへ依頼した場合も
同様に納品までの流れを見てみましょう。

  1. 撮影データのバックアップ
  2. 撮影データのセレクト
    ※この作業をしない
    「全データ納品」の場合もあります
  3. 撮影データのレタッチ
  4. データをDVDに書き出す
  5. データDVDを納品

式場カメラマンとの違いは、
写真の現像がない、ということですね。
また、撮影データを「全データ納品」として
売りにしている場合は、
セレクトの作業が行われないことも

式場カメラマンより早く納品してもらえる理由は
この差が関係しているようです。

外注カメラマンに依頼すると
早く写真を納品してもらえますが、
おふたりで写真の現像やセレクト作業を
負担する可能性も

アルバムに使う写真を選ぶ際には
式場カメラマンへ依頼する場合より
時間と手間をかけることになりなりそうですね。

納期を優先させるか、
納期は遅くても
時間と手間をかけずに楽をするか?
おふたりの希望にあわせてどちらへ依頼するか
決めてみるといいかもしれませんね!

外注カメラマンを請け負うフォトグラファーの
プロモーション動画があったので
どんな雰囲気で撮影しているか気になる方は
こちらをご覧くださいね!

結婚式の写真のアルバムだけを外注する場合の納期は?

結婚式の写真のアルバムだけ外注する場合は
納期は1~2ヶ月が目安のようです。

納品の期間に幅がある理由は、
年末年始やお盆の帰省時に
依頼が集中することが多く、
この時期に依頼した場合に
納品までに時間がかかるようです。

外注するアルバムは
手軽に安く依頼できることもあって
自分たちの記念としてだけではなく
両家の両親や親戚へもアルバムを作って
渡したいと考えるカップルも少なくありません。

もし早く納品してもらいたい場合には
年末年始やお盆の繁忙期を避けての依頼が
無難かもしれませんね!

結婚式の写真のデータのみの場合はいつもらえるの?

写真データのみ依頼した場合
式場カメラマンへの依頼なら早い場合は3週間、
ほとんどの場合は1~2ヶ月が目安
外注カメラマンへの依頼なら
1週間~1ヶ月が目安です。

先程ご紹介した納期と変わりませんが、
式場カメラマンへの依頼の場合に
写真の現像が不要であることを伝えると
目安の納期より早く
納品してもらえる場合もあるそう。

但し写真の現像は元々料金に含まれているため
現像写真は後日納品とした方が
お得かもしれませんね。

カメラマンは納品までの期間に何をしてくれている?

式場カメラマンも外注カメラマンも
納品までの作業の流れはお伝えしましたが、
それ以外にもそれぞれ納品までの期間に
こなしている業務があります。

  • 結婚式の撮影
  • 前撮り
  • 撮影のための打ち合わせ
  • アルバム製作
  • 事務仕事
  • おふたり以外から受けた
    依頼への納品作業…etc.

外注カメラマンによっては
アルバム製作を行っていない場合もありますが、
式場カメラマン、外注カメラマンに関わらず
こなしている業務はほぼ同じのようです。

春や秋は前撮りや結婚式も繁忙期となるため
かかえる仕事の量も必然的に増えそうですね。

まとめ

いかがでしたか?

おふたりが撮影を依頼する相手によって
写真の納期が異なることが分かりましたね!

どちらに依頼してもそれぞれに
メリットとデメリットがありそうですが、
納期は1ヶ月程度が目安
と考えると良さそうです。

1ヶ月と聞くと長く感じてしまいますが、
結婚式の後に
ハネムーンや新生活のための引っ越し、
婚姻届けに関連して様々な手続きをされる方も
少なくないはず。

結婚式の準備で忙しくされていた分、
写真データが納品されるまでは
ゆっくり体と心を休める期間に充てても
いいかもしれませんね!

ABOUT ME
大森 恵子
ブライダルの専門学校へ通い、様々な知識を学ぶ中でABC検定、サービス接遇検定準1級等を取得。 卒業後に結婚式場を運営する企業へ就職。入社から約1年は結婚式の会場責任者やエスコーターに従事し、現場経験を積む。 その後、広告宣伝等に携わる本社の企画部署へ異動。 ブライダル情報誌やパンフレット、Webページの製作から、各広告媒体に使用する宣材写真の企画立案、ディレクションも兼務。 撮影以外でも、お客様が式場見学に来られる際の会場装花の提案も多数担当。 異動から約5年、式場スタッフと共に沢山のカップルが理想の結婚式のカタチを実現出来るような場所や空間作りを行ってきたが、自身の結婚を機に退職。 現在は、今までに培った知識や経験、そして自身の結婚式で得た感動を元に子育てをしながらライターとして活躍中。


\ LINE@始めました /
友だち追加
友達登録してね^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA