2.ブライダルフェア

ブライダルフェアは夜が狙い目!かかる時間はどのくらい?

ブライダルフェアには
やっぱり二人揃って参加したい!

でも、仕事や用事で忙しくて
なかなか二人の予定が合わないこと
ありますよね。

そんな時にうれしいのが
夜のブライダルフェア!

昼間のブライダルフェアに参加が
難しいカップルの強い味方です。

でも、夜のブライダルフェアは
あまりイメージが湧かなくて
昼間とどのくらい違うのか
何となく不安に思っていませんか?

そこで今回は…

  • 夜のブライダルフェアのメリット
  • 所要時間の目安はどのくらい?
  • 効率的なブライダルフェアの参加方法

夜のブライダルフェアを中心
忙しい二人の為のお役立ち情報
をお届けします!

夜に開催しているブライダルフェアがあるって本当!?

ブライダルフェアといえば
週末の日中に開催されているイメージ
を持つ人も多いかもしれませんね。

でも実は、多く結婚式場で
金曜日を中心として
平日に夜のブライダルフェア
が行われています。

忙しくてブライダルフェア
の参加予定が
先延ばしになりがちな人も
夜なら行ける!ということありますよね。

仕事や用事で週末に予定を合わせるのが
難しい人は、夜のブライダルフェア
に参加してみませんか?

平日夜のブライダルフェアは

  • 週末のブライダルフェアよりも
    来場者数が少なくゆっくり見学できる
  • 試食会が開催されることもある…etc.

意外と知られていないけれど
穴場のフェアなんですよ!

夜のブライダルフェアのメリットとは


<出典:http://produce.novarese.jp

平日夜のブライダルフェアには
週末のフェアにはないメリットが
あります。

  1. 忙しいカップルでも時間を取りやすい
  2. 来場者が少なめで落ち着いて相談できる
  3. 会場を隅々まで見学できる
  4. 夕方から夜の会場の雰囲気がわかる

といったメリットがあります。

一つずつ詳しく解説
していきますね。

ブライダルフェアへの参加が初めて
という人は、行く前に2人で準備
しておくべきことが3つあります!

下記の記事で詳しくお伝えしています
のでぜひ参考にご覧くださいね。

⇒ブライダルフェアの準備!初心者が注意すべき3つのポイントとは?

ブライダルフェアで二人の式場探し
を大きく前進させられるように
しかりと準備を整えて下さいね。

①忙しいカップルでも時間を取りやすい

シフト制で仕事をしている人や
休日が不定期な人はなかなか
二人の予定を合わせることが
難しいのが悩みですよね。

平日の夜ならば仕事終わりに参加
できるので忙しい人にもぴったり。

特に、人気の会場は開催日程も
多く設定されているので
参加しやすいのもうれしいですね。

②他のお客さんが少ないので落ち着いて話がしやすい

週末のブライダルフェアは
他のカップルも多く来場しているので
華やかな雰囲気に舞い上がってしまい
なかなか落ち着いて話がしにくいもの。

また、良い日取りを他のカップルに
取られてしまうのでは?と気持ちが
焦ってしまうこともあります。

その点、平日夜のブライダルフェアなら
他のカップルも少なめで、ゆったりと
大切な相談や質問ができますよ。

③会場を隅々まで見学できる

週末のブライダルフェアの場合
実際に結婚式が行われていたり
その準備の為、見学ができない場所
もあります。

その点、平日の夜のブライダルフェア
ならばトイレや控室などの設備も
隅々までしっかりと自分たちの目
で確認できます。

④夕方~夜の式場の雰囲気がわかる

結婚式を行う時間帯によっては
夕方から夜に披露宴の時間がかかる
こともあります。

特に日没が早い秋冬の結婚式では
ライトアップされた夜の雰囲気
確認しておきたいところ。

特に夜景が素敵な会場なら
景色もゲストへのおもてなしの一つ
になりますね。

夕方や夜の景色が楽しめる披露宴会場なら
BGMも雰囲気に合わせてみると
もっと素敵になりますよ↓

夜のブライダルフェアにはデメリットもある?


ゆったりと落ち着いて見学や相談に
集中できそうな平日夜のフェア。

では逆に、週末のフェアと比較して
夜のブライダルフェアのデメリット
はどのような点でしょうか?

①日中の式場の雰囲気が掴みにくい

開催時間が夜なので
日が差している時間帯の
雰囲気
が掴みにくいデメリットがあります。


もちろん、日中の様子がわかるように
式場には多くの写真や映像も用意
されています。

実際に自分たちの目で確かめる必要
があれば、後日改めて日中立ち寄って
会場を見せてもらうこともできますよ。

また、ホテルの宴会場など陽光が入らない
会場は特に問題ないでしょう。

②規模が小さくイベントが少ない

平日夜のフェアの場合
規模が小さいため、模擬挙式や
演出体験などのイベント数が少ない
こともあります。

ただし、料理の試食会は夜のフェアで
催す式場も多いので、予定が合えば
ぜひ参加してみると良いですよ。

③帰る時間があるので長居しにくい

時間の面においては
6時から参加したとして9時頃まで…。

時間が遅くなると
自分たちの帰りの時間や
閉館時間も気になりますよね。

いろいろ相談するなら
3時間程度では時間が足りない!
という人もいるかもしれませんね。

もっと相談の時間が欲しい場合は
再来館の予約をとればOKです。

もし、夜のフェアに予約をしたものの
当日都合が悪くなってしまった場合
は結婚式場へ電話連絡を入れましょう。

予約のキャンセル方法については
下記の記事を参考にしてくださいね。

⇒ブライダルフェアをキャンセルしたい!どう連絡すればいい?

ブライダルフェアは二人の大切な
結婚式を挙げるかもしれない場所、
きちんと連絡入れておきましょう。

ブライダルフェアの平均的な所要時間は


ブライダルフェアに参加する際
所要時間はどのぐらい必要
なのでしょうか?

イベント等によっても異なりますが、
凡そ3時間~4時間程度
が目安です。

【イベントの所要時間の目安】

  • 試食会…1~1.5時間
  • 試着…0.5時間
  • 模擬挙式…0.5時間

その会場を気に入った場合に
詳しい見積書の作成
や日取りの空き状況の照会
をするには多めに時間が必要です。

フェア当日に成約まで考えている場合は
詳しい説明や手続きを含めて
4時間程度はみておきましょう。

短時間のクイックで案内してもらうことも可能?


都合で短時間しかいられない場合は
式場側に相談すればクイックで案内
をお願いすることができます。

会場の見学と概要の案内だけであれば
1時間~1.5時間程度で特別に対応して
もらえることも。

重要な部分を中心に案内するため
自分たちが重視しているポイントを
予め伝えておくと効率が良いですね。

時間を気にするあまり
見学や相談した内容を忘れないよう
写真やメモを残しておくのもオススメ。

ただし、結婚式は一生に一度だけ!

大事な結婚式場を決定するには
自分たちが納得できるまで
充分に時間をかけることも必要です。

クイックで案内してもらった会場でも
成約する前には時間を作って
再度訪れることをおススメします。

忙しいカップルにおすすめ!効率的なブライダルフェア参加方法

結婚式場探しを早く進めたいのに
忙しくてブライダルフェアに行けない
と気持ちが焦りますよね。

二人の休日が合わないと
スケジュールを組むのも一苦労。

そんな忙しい二人におすすめの
効率的なブライダルフェアの参加方法
を伝授しましょう。

下記の記事ではブライダルフェアに
参加する時期について解説しています。

⇒ブライダルフェアのスケジュール!どの時期に行くのがベスト?

結婚式のどのぐらい前までに
ブライダルフェアに行けばよいのか
よくわからない…という方!
参考にご一読くださいね。

仕事終わりの平日夜を利用する

気になる会場はできるだけ早く訪れて
検討を少しでも進めておきたいですよね。

週末の休みが取りにくいカップルは
夜のブライダルフェアの開催を
チェックしてみましょう。

仕事終わりの時間から参加できれば
二人の予定も合わせやすいですよね。

試食会が開催されている場合
2人で夕食を兼ねて参加できますよ。

年末年始やお盆休みなどまとまった休みで一気に見学する

普段は終業時間も遅くなかなか
見学の予定が組めない人や
遠方の式場での結婚式予定の人には
年末年始やお盆を利用がオススメです。

年末年始やお盆の時期は
結婚式の本番はあまりないため
結婚式場の営業日であれば
会場の見学や相談は可能なことも。

式場によってはその時期に合わせて
ブライダルフェアを開催している
場合ありますので
問い合わせてみてくださいね。

短時間での案内をお願いして休日1日で数件はしごする

どうしても時間が取れない!
というカップルは割り切って
ブライダルフェア参加できる日
一日だけ設けてみては?

候補の式場を1日で一気に回れるよう
各式場で短時間の案内を
お願いしてみましょう。

【1日ではしごするポイント】

  • 候補の式場は事前に
    WEBサイトや資料などから
    4~5件までを目安に絞り込む
  • 予約時間や式場までのアクセスに
    無駄が無いよう回る順番を決める
  • 式場への予約の際に
    帰らなければいけない時間を伝える

1日ではしごするからには
気持ちも集中できるよう
2人で協力することが大切です。

予約段階で希望条件などをある程度やりとりしておく

フェアに参加する限られた時間で
効率よく理想の結婚式場を選べるよう
参加の予約段階で式場側とメールなどで
やり取りしておくのもオススメ。

事前に二人の希望を伝えておくことで
フェア当日はポイントを押さえて
案内してもらうことができます。

【式場側に伝えておくと良い内容】

  • 希望の時期
  • 希望の挙式形式
  • 招待予定人数
  • 結婚式の時間帯の希望
  • お日柄へのこだわり
  • 希望の演出
  • 予算
  • その他希望の条件

事前に電話やメールの問い合わせで
相談可能な内容や必要事項の確認
をある程度済ませておけます。

この時点で二人の条件と合わなければ
候補から外すことも考えましょう。

事前に十分にやり取りをしておくことで
フェア当日はじっくりと見学や
相談に時間を使えて無駄がありません。

まとめ

忙しい二人へおすすめの
夜のブライダルフェアについての情報
を中心にお届けいたしましたが
いかがでしたでしょうか?

今回は内容をおさらいしますと…

  • 夜のブライダルフェアは
    平日の夜を中心に開催されている
  • 参加しやすく、話もしやすい
    夜のフェアはメリットいっぱい!
  • ブライダルフェアには時間がかかる
    忙しい人は短時間の案内も可能
  • 超多忙なカップルにおすすめの
    効率的なブライダルフェア参加方法…etc.

ネット上の口コミやWEBサイトには
数十件もブライダルフェアに参加した
カップルの例もありますよね…。

そんなに行かないといけないの?
とブライダルフェアに参加すること
がとても大変に思えてしまうのも
無理もありません。

ブライダルフェアは二人の理想の
結婚式場探しをするためのもの。

参加する数が多ければよいという
ものではありません。

今は式場の画像や動画、口コミ情報等
事前に多くの情報を知ることが
できますよね。

上手く活用して候補を絞り込めば
忙しい二人も効率よく
理想の結婚式場を探せますよ!

ブライダルフェアに参加の予約
をするときは、予約サイトから
予約して特典をもらうことを
忘れないようにしてくださいね。

予約サイトによって貰える特典の
内容が異なりますので
詳しくは下記をご参考に↓

⇒【2018年9月版】ブライダルフェアはどこから予約する?商品券がもらえる予約サイト5選

数万円分もの高額商品券や電子マネー
がもれなくもらえるチャンスですから
絶対に見逃さないでくださいね。


\ LINE@始めました /
友だち追加
友達登録してね^^




ABOUT ME
安田 みさき
元ウェディングプランナー。プランナー歴10年超です。 ゲストハウスウェディングやリゾートウェディングで数百組の新郎新婦をサポートをサポートしてきました。一生に一度の結婚式だからこそ、新郎新婦はどなたも皆、それぞれに喜びと同時に不安や疑問もたくさんお持ちです。またゲストや結婚式自体への思いや憧れもそれぞれです。だから結婚式は一つとして同じものがありません。現在は子育て中に付き現場におりませんが、たくさんの結婚式に携わってきた経験を活かして、このような場で結婚を控えた新郎新婦のお手伝いすることができればうれしく思います。
私のブライダルフェア体験記

私のブライダルフェア体験記

ブライダルフェアの参加に
必要な手順をピックアップ♪

ぜひチェックしてみて下さいね。

⇒ブライダルフェアとは

⇒ブライダルフェア3つの準備

⇒ブライダルフェアに必須8つの質問

⇒ブライダルフェアの持ち物

⇒ブライダルフェアの服装【男性・女性】

おすすめ

ブライダルフェアをお得に探すなら
こちらを参考にして下さいね。

⇒商品券が貰える式場探しサイト5選

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA