d.家族婚

親族のみの結婚式!費用の相場を人数・内容別にくわしく紹介

結婚するということは、
もちろん二人が夫婦となるわけですが
両家の関係のスタートでもありますから
結婚式に親族を招くことはとても大切です。

結婚式という特別な時だからこそ
なかなか会えない遠方の親戚にも集まってもらえ
改めて自分にはこんなに深い繋がりのある人たち
いるのだなと再認識できる良い機会でもあります。

親族のみの結婚式には親族以外は招待されない為
出席するチャンスは決して多くありません。

いざ自分が親族のみの結婚式を行う場合
具体的な結婚式のイメージ湧かないのも当然です。

そこで、今回は親族だけの結婚式について
人数や内容による費用の違いや気になるご祝儀額
など役立つ情報をまとめてお伝えいたします!

どうぞ参考にしてくださいね。

親族のみの結婚式!招待人数・かかる費用の平均はどれくらい?


結婚式の総費用の全国平均は約350万円
と言われます。

でもこれは約70名招待した場合の平均費用ですので
当然、人数が比較的少ない親族のみの結婚式
この平均よりも費用は通常安くなります。

では、親族だけで行う結婚式の場合はどの程度の
費用が必要になるのでしょうか?

親族のみといっても家族のみの10名以下の場合から
30名以上で親しい友人も数名招待した結婚式まで
カップルにより招待人数もバラバラです。

挙式と披露宴を合わせたスタイルの結婚式の場合
招待する人数によって費用が異なりますが
10名から30名程度を招待する場合は
70万円~200万円程度が相場です。

<人数に応じて変わるもの>
・料理
・飲物
・引出物
・送賓時のプチギフト

<人数が多くなると必要になるもの>
・会場使用料(広い会場が必要)
・司会者
・披露宴の会場装花
・演出(生演奏など)

次の項でさらに詳しく招待人数による費用の違い
について解説していきます。

親族のみの結婚式にかかる費用を招待人数別に紹介

結婚式の費用は招待する親族の人数によっても
大きく変わってきますので、以下の3つの場合を
検証してみます。

・家族のみの10人以下の場合
・親しい親族を入れた20名以下の場合
・親しい友人も数名招待した30名以下の場合

人数が変わると、どの程度費用が変わるのか
自分たちの招待する人数の予定と照らし合わせて
ご覧くださいね。

10人以下の場合(家族のみ)

10人以下の場合の費用は
70万円程度が相場
です。

招待するゲストは、両家の家族が中心で
人数のバランスをとるためなど
近い親族を招待することもあります。

挙式後、会食を中心としたシンプルなスタイルに
することが多いので、料理や飲み物以外の料金は
ほとんどかかりません。

卓上の装花を用意する際は10名以下の場合は
テーブル自体が一つなので5000円~1万円程度の
予算があれば大丈夫です。

10人以下の結婚式でかかる費用
費用の平均相場 70万円
挙式費用
(共通)
・挙式料
・衣装
・ヘアメイク
・ブーケ&ブートニア
・写真
・映像
披露宴 ・料理 10000円~
・飲物 2000円~
・会場貸切料 10000円
その他 ・介添え料 5000円
・卓上装花 5000円~
(×1卓)

20名(近い親戚まで)

費用は100万円~120万円が相場です。
家族以外に関係の深い親戚を中心に各家10名程度
合計20名ぐらいの少人数の挙式と会食のスタイルです。

人数が増えた分の料理及び飲み物以外に
一般的にはご祝儀もいただくので
親戚用に引出物を用意します。

比較的、会食、歓談中心で
演出はあまり入れないことが多いです。

20名の場合の費用
費用の平均相場 100~120万円
挙式
(共通)
・挙式料
・衣装
・ヘアメイク
・ブーケ&ブートニア
・写真
・映像
披露宴 ・料理 10000円~
・飲物 2000円~
・個室貸切料 1万円~
・介添え料 5000円
・会場装花 5000円~
   (×2~3卓分)
その他 ・引出物 5000円~

 

30名(親しい友人まで)

費用は150~200万円程度が相場です。

幼馴染など家族とも面識のある親しい友人も入れて
行うケースも比較的多くみられます。

身内以外の人が多いため、招待状を用意して
行うカップルが大半です。

増えた人数分の料理飲物以外に
演出関連の費用や身内以外の人も多くなるため
招待状が必要になるなど費用は増える傾向があります。

この人数になると、ケーキカットや
デザートビュッフェ
などの華やかな演出
を取り入れることも。

演出を入れる場合は、司会者がいた方が
進行がスムーズに進むので、プロ司会者を依頼する
ケースが多くなります。

引出物を用意したり、見送りの際プチギフトを渡す
ことも多くみられます。

人数は少なめでも多くのゲストを招待する披露宴と
大きく内容的には変わりません。

30名の場合(親しい友人含む)
費用の平均相場 150万円~200万円
挙式
(共通)
・挙式料
・衣装
・ヘアメイク
・ブーケ&ブートニア
・写真
・映像
披露宴 ・料理 10000円~
・飲物 2000円~
・会場貸切料 3万円~
・介添え料 5000円
・会場装花 5000円~
    (×3~4卓分)
・音響使用料 1万円~
・ケーキカット 10,000円
・プロ司会者 4万円
その他 ・招待状 400円~
・芳名帳 3000円~

・引出物 5000円~
・プチギフト 300円~

10、20、30名それぞれの場合の費用について
詳しくお伝えしましたがいかがでしたか?

挙式費用は人数に関わらずかかる費用で
人数が増えた場合に費用が大きく増えることは
ありませんが、披露宴は人数の増加と共に
費用も増えます。

招待人数が増えることが予想される場合
披露宴の内容に応じて必要になりそうな項目は
予算に入れておくようにしましょう。

人数が増えた時、費用は増えますが
参列者からはご祝儀もいただくため
最終的に精算すると人数が増えても実は
自己負担額はあまり変わらないこともあります。

尚、会場によって貸切料や音響機材使用料など
発生しない場合もありますので、下見の際には
会場に見積書を作成してもらってくださいね。

親族を中心とした少人数で結婚式を挙げる場合は
費用も比較的安く済みますが、安いとはいえ
それなりの高額な費用のかかる結婚式

でも、予算を気にせず結婚式が挙げられる
とっておきの
方法があるのを知っていますか?

ハナユメの定額ウエディングなら
結婚式に必要なアイテムがちゃんとそろった
コミコミプランで結婚式が行えます!

しかも、ハナユメなら費用は後払いでOKなので
人数が多くなって増えた費用も当日のご祝儀から
支払いができて安心です!

⇒ハナユメで定額ウエディングの詳細をCHECKする

ハナユメ定額ウェディングは2019年2月にサービスが終了しました。

お得で安心なハナユメ定額ウエディング
是非チェックしてみてくださいね。

親族のみの結婚式費用!内容による違いとは?


通常、結婚式を挙げる際は
招待する人数によって費用が異なります。

また、結婚式の内容が異なると
必要なアイテムも変わってくるので
費用が異なってきます。

結婚式の内容によって費用がどのように
変わるのか詳しく見てみましょう。

挙式のみの場合

挙式だけ行う際の費用はどのようになるでしょうか?

参列者の有無を問わず必要な挙式を行うための費用と
親族を招く場合に必要な費用があります。

それぞれ見てみましょう。

<挙式を行うための費用>
・挙式の費用
・衣装
・ヘアメイク
・着付(和装の場合)
・ブーケ&ブートニア

<親族を挙式に招く場合に必要となるもの>
・招待状
・芳名帳(受付を設ける場合)
・引出物

挙式のみの費用についてはこちらの記事でも詳しく
紹介していますので是非ご覧くださいね。

挙式+シンプルな食事会の場合

では、親族だけで挙式後にシンプルな食事会
を催す場合の費用はどうでしょうか?

<挙式を行うための費用>
・挙式の費用
・衣装
・ヘアメイク
・着付(和装の場合)
・ブーケ&ブートニア

<親族を挙式に招く場合に必要となるもの>
・招待状
・芳名帳(受付を設ける場合)
・引出物(世帯数分が目安)

<親族でシンプルな食事会を催すための費用>
・料理(新郎新婦を含む人数分)
・飲物(新郎新婦を含む人数分)
・会場貸切使用料

挙式+演出・余興など盛りだくさんのパーティの場合

招く親族の人数が多い場合や、演出や余興などが
盛り込まれた小規模なパーティーを行う場合は
どのようになるでしょうか?

<挙式を行うための費用>
・挙式の費用
・衣装
・ヘアメイク
・ブーケ&ブートニア

<親族を挙式に招く場合に必要となるもの>
・招待状
・芳名帳(受付を設ける場合)
・引出物(世帯数分が目安)

<演出などがあるパーティーを催すための費用>
・料理(新郎新婦を含む人数分)
・飲物(新郎新婦を含む人数分)
・会場貸切使用料
・会場装花
・音響機材使用料
・プロ司会者
・演出手配(生演奏やケーキカットなど)

こちらに演出のおすすめアイディアを
ランキングで紹介しているので
ぜひ、参考にしてくださいね。

⇒家族婚の演出!おすすめアイディア10選【2018】

親族のみの結婚式後に友人のみで二次会をする場合の費用は?


親族のみの結婚式を行った後、友人たちとの二次会
開催する場合は費用はどのぐらいかかるのでしょうか?

二次会を開催する際に必要な費用は
基本的に招待された側の友人たちが払う参加費によって
賄われますので、新郎新婦の負担はあまりなく
自分たちの衣装やお礼のミニギフトのみが大半です。

二次会は一般的に、友人たちの代表に幹事をお願いして
開催してもらいますので、基本的には新郎新婦は
直接開催に関わる費用の負担はしません。

中には、幹事は立てず、会場側との調整は新郎新婦が
行うケースもありますが、受付や司会進行など
予め友人の協力を得ておく必要があります。

費用負担については、二次会の進行内容に合わせて
出費が必要なこともありますので
幹事さんとよく相談して決めていきましょう。

<二次会の費用>
・会場貸切料
・料理
・飲み物
・ゲームの景品など
・音響機材使用料 約10,000円~
・映像機器使用料 約10,000円~

結婚式を親族だけで行った後に
友人のみで二次会を開催する場合に新郎新婦が
負担する費用としては下記のものです。

<二次会に関わる新郎新婦の費用>
・衣装(レンタルや購入の費用)約10,000円~
・送賓用ミニギフト 一つ300円程度~×人数分

二次会でウエディングドレス姿を友人たちに披露
したい場合
には、レンタルの延長料金持ち出し料金
を別途支払えば、二次会でも着用可能なドレスも
ありますので検討してみてはいかがでしょうか?

ただし、あまり広くない会場で行われる場合
ボリュームのあるデザインは二次会の会場で
動きづらいので、衣装を選ぶ際にの担当者とも
よく相談の上、着るかどうか決めましょう。

新郎の衣装も同様に二次会で着る人も多くみられ
ますが、お酒の場でもありますので汚してしまう
心配がある場合は、二次会を気楽に楽しめるよう
貸衣裳はやめておくことをおススメします…。

自分たちで衣装を用意する場合
新郎はスーツにドレスシャツなどを合わせたスタイル
新婦はパーティードレスが多いです。

二次会費用のほとんどは参加費で賄えることが
多いですが、挙式の映像を上映するために用意する
映像機器の使用料などは、新郎新婦が
費用を
持つケースも見られます。

何を自分たちが負担するかは幹事さんと予め相談して
二次会がスムーズに運営できるよう配慮しましょう。

親族のみの結婚式でもらえるご祝儀相場はどれくらい?


親族のみで結婚式を行った場合のご祝儀は
どのぐらいもらえるのでしょうか?

一般的な親戚のご祝儀額は
1世帯あたり5~10万円

両親や祖父母などは10万円ぐらいのご祝儀を渡す
ことが多いですし、逆に独身のいとこの場合3万円
のこともありますので金額に幅はあります。

30名の場合で考えてうち10名が家族
20名が招待された親戚でそれぞれ夫婦で出席
と仮定すると…

5万円~10万円×10世帯=50万円~100万円

凡そ50万円~100万円ぐらいと想定できます。

ご祝儀をいただく側としては、後で予定と違う?!
なんてことになって困らないように
ご祝儀の予想額には幅を持たせておきましょう。

ご祝儀で後で賄えるとはいえ、高額な費用を
支払えるのかどうか不安ですよね。

結婚式の費用をご祝儀で後払いできる
ハナユメの定額ウエディングなら
費用の支払いの不安もなく結婚式が行えます。

⇒ハナユメの定額ウエディングを詳しくCHECKする!

ハナユメ定額ウェディングは2019年2月にサービスが終了しました。

必要なアイテムがそろった充実のプランなので
後々見積額が膨らんでしまう心配もいりませんから
費用を重視したいカップルには特におススメです!

まとめ


親族だけで行う結婚式についてのさまざまな情報を
お届けいたしましたが、参考になりましたか?

親族のみで行う結婚式の、人数別、形式別の費用や
友人との二次会を行った場合の費用についてなど
お伝えした情報が少しでも今後のお役に立てば
うれしく思います。

親族のみで行う結婚式の
ペーパーアイテムは必要なのか
紹介しているので参考にしてくださいね。

⇒家族婚に招待状や席次表は必要?

親族との付き合い方は、その家々によって
密な場合も疎遠な場合もありますよね。

結婚式の段階ではまだ、その付き合い方が面倒だな…
と思うことも正直なところ、あるかもしれません。

でも、何かの折、絶対的なつながりをもつ親族は
今後、家庭を築いていくにつれ、改めてその
存在の大きさとありがたさに気づかされます。

結婚式は、日頃なかなか会えない親族同士が集まる
ことのできる大切な機会、結婚するということは
親族も含めた結婚相手との関係を築いていくこと。

自分の選んだ結婚相手がどんな人たちに囲まれて
育ってきた人なのか、改めて知ることができる
楽しみもありますよ。

どうぞ素敵な結婚式を迎えてくださいね。

こちらの記事にも
式場ランキングで紹介しているので
こちらもチェックしてくださいね。

⇒【家族婚】東京でおすすめの会場10選!

⇒【家族婚】大阪でおすすめの会場10選!

⇒家族婚でおすすめの会場5選!【名古屋編】

⇒家族婚でおすすめの会場5選!【福岡編】

ABOUT ME
安田 みさき
元ウェディングプランナー。プランナー歴10年超です。 ゲストハウスウェディングやリゾートウェディングで数百組の新郎新婦をサポートをサポートしてきました。一生に一度の結婚式だからこそ、新郎新婦はどなたも皆、それぞれに喜びと同時に不安や疑問もたくさんお持ちです。またゲストや結婚式自体への思いや憧れもそれぞれです。だから結婚式は一つとして同じものがありません。現在は子育て中に付き現場におりませんが、たくさんの結婚式に携わってきた経験を活かして、このような場で結婚を控えた新郎新婦のお手伝いすることができればうれしく思います。


\ LINE@始めました /
友だち追加
友達登録してね^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA