テーマ・装花

結婚式の装花はナチュラル!秋や春の季節別コーディネートとは?

パーティ会場を彩る装花
おふたりの結婚式のテーマや雰囲気が伝わる
素敵なコーディネート
にしたいですよね。

過ごしやすい秋や春に
結婚式を挙げるカップルが多いですが
季節が感じられるコーディネートは
やはり魅力的!

でもネットや本を見ても
どんなコーディネートにしようか
悩みますよね。

そこで今回は、
季節別に人気のコーディネートを大特集

  • 人気のコーディネートは?
  • 季節によってどんな花が
    使われているの?
  • 合わせる色は何色がおすすめ?…etc

イメージがまだ固まっていないあなたに
参考になる情報をお伝えします!

結婚式の装花はナチュラルが大人気!

ウエディングの装花は
華やかであることはもちろんですが、

今のトレンドは
大人の余裕を感じさせる
洗練されたナチュラルテイスト

パーティ会場には自然を感じさせる装花、
挙式会場やガーデンに
沢山の花やグリーンをあしらったり、
フォトスポットに
グリーンウォールを取り入れることも。

「結婚式=フォーマル」な印象から、
「アットホームで自然体に過ごせる空間」
へと変化しています。

結婚式の装花の4つの季節別人気コーディネートをご紹介!

ではパーティ会場の装花には
どんな花が使われているのでしょう?

季節別に装花に合わせる色やイメージ
コーディネートと合わせて
詳しくお伝えしますね!

1.結婚式の装花で使う花の種類【春】:桜、チューリップ、かすみ草etc.

春の花といえば
まずは桜やチューリップをイメージしますよね。

桜は高さを活かした
ボリュームのある華やかなアレンジや、
ポイント使いにして
色んな花と組み合わせたアレンジにしても
とってもかわいいと人気です。

チューリップは
色味と品種が豊富な上に、
アレンジのバリエーションも様々
かわいらしいイメージがありますが、
選ぶ色やアレンジの仕方によっては
モダンな印象にもなります。

ちなみに桜とチューリップは
市場に出回る時期が1~4月上旬が目安なので、
装花に取り入れたい場合は
担当スタッフに確認してみてくださいね!

もし4月以降の結婚式なら、
かすみ草のアレンジもおすすめです。
かすみ草だけでまとめたアレンジは、
繊細で可憐なイメージで素敵ですよね!

春の装花に合わせる色のイメージ:ピンクやパステルカラー

春は温かく穏やかなイメージから
合わせる色も
ピンクやパステルカラーなど
優しい印象の色味が人気です。

ピンクは色味によって
取り入れ方も様々

テーブルクロスなど、
大きなスペースに使うものには
薄いピンクを選んで全体と調和させ、
ナフキンや卓上キャンドルなど、
小物には濃いめのピンクを選ぶと
コーディネートのアクセントになりますね!

パステルカラーは淡いイエローや
グリーン、ブルーやパープルなど。
ピンク以外の色を選んでも
可愛くて優しい雰囲気にしやすそうですね!

2.結婚式の装花に合わせる花の種類【夏】:ひまわり、ユリ、紫陽花etc.

夏の花といえば
太陽に向かって咲くひまわりや、
涼やかなイメージのユリや紫陽花が人気です!

ひまわりは
元気で明るいイメージに加えて、
「あなただけを見つめる」という花言葉からも
結婚式にぴったり。
どんなアレンジにしても
夏らしさを感じる素敵な装花になりそうですね!

ユリはそのエレガントな雰囲気から
ホワイト・グリーンでまとめたアレンジが人気
一輪が大きいのでボリュームのある
華やかなアレンジにしやすいですね!

紫陽花は色味と品種が豊富ですが、
夏の装花ではホワイト、グリーン、
ブルー系が人気です。
装花の色味で涼しさを演出できそうですね!

ひまわりは8月上旬頃まで、
ユリと紫陽花は
一年を通して取り入れられますが、
猛暑日には花が傷みやすくなる傾向も。
繊細な花より、
茎がしっかりした強めの花を選ぶ
お開き後も安心して
ゲストに持って帰ってもらえそうですね!

夏の装花に合わせる色やイメージ:青やハワイ、海

暑い中来てもらうゲストに
少しでも涼しく過ごしてもらいたい!
というおふたりの想いから、
コーディネートで
リゾート地や涼しさを演出するのが人気です。

まずは装花に青色を取り入れたり、
吸水性のある水色のジェリーを
ガラスの花器に入れると
見た目に涼しく感じますよね!

ハワイなどのリゾート地や
海を結婚式のテーマにするなら、
白い砂や貝殻を飾ったり
招待状や席札などのペーパーアイテムに
海を連想する模様を選ぶのもおすすめです。

3.結婚式の装花に合わせる花の種類【秋】:もみじ、ダリア、バラetc.

秋の花といえば
紅葉のイメージから
もみじや、赤・オレンジといった
暖色系のダリアやバラが人気です!

もみじは桜と同じく
高さを活かしたアレンジも
他の花と合わせたアレンジもできますが
葉のみにして花器の周りなどに
敷き詰めるととてもきれいです!

ダリアは色味も品種も豊富ですが、
合わせ方によっては
和のアレンジにも出来るのが特徴的です。
和な雰囲気の会場や
選んだ衣装が和装の場合など
和の装花にしたい時におすすめの花です!

もみじやダリアが
和のテイスト寄りであるのに対し、
バラはアレンジのバリエーションが
かなり豊富
です。

品種によっては花の形も様々なので
色味だけでなく、アレンジの仕方でも
希望の雰囲気を表現しやすそうですね!

ダリアとバラは
一年を通してありますが、
もみじは11月に入ると地域によって
入手が困難な場合があるので注意
してくださいね。

秋の装花に合わせる色やイメージ:大人な和モダンや赤

秋は落ち着いた色合いや
紅葉イメージの赤が人気です。
もみじやダリアが和の雰囲気を出しやすいため、
合わせるコーディネートも
自然と大人な和モダンが人気

テーブルクロスは
ブラウンやベージュゴールド、
ホワイトが合わせやすく
差し色として赤を取り入れると
全体的に統一感が出そうですね!

秋におすすめの花を使った装花の動画があったので
参考に見てみてくださいね!

4.結婚式の装花に合わせる花の種類【冬】:ポインセチア、アネモネetc.

冬の花といえば
別名「クリスマスフラワー」
と呼ばれているポインセチアや、
カラフルな色がかわいい
アネモネが人気です!

ポインセチアは
赤と緑の色合いから
クリスマスに相応しいイメージですが、
白やピンクの色味もあり、
ゴールドに着色した松ぼっくりなどと合わせると
エレガントな雰囲気の
クリスマスコーディネートにもなります!

アネモネは
色によってイメージも様々ですが、
ホワイトとグリーンでまとめた
洗練されたアレンジ
ネオオンカラーの色味を活かして他の花と合わせた
カラフルなアレンジが人気です!

ポインセチアは11~12月頃
アネモネは1~2月頃が目安の花なので、
希望される場合は確認してみてくださいね。

冬の装花に合わせる色やイメージ:クリスマスやアンティーク

12月はクリスマスシーズン
コーディネートに取り入れるカップルも
少なくありません。

定番の赤と緑の配色だけでなく、
ホワイトとゴールド、シルバーの組み合わせも
上品で人気です!

1月以降になると
花の色味も
テーブルクロスなどのリネン類も、
アンティークをイメージして
グレーやスモーキーカラーが人気
小物に鳥籠やキャンドルを取り入れると
更にアンティークの
上質な雰囲気が高まりそうですね!

まとめ

いかがでしたか?
装花に使われる花は
その季節の旬の花が人気の傾向にありましたね!

またナチュラルな雰囲気の中にも
色やイメージに、
季節感のあるテーマ性が感じられました。

おふたりも
ゲストへ季節感とおふたりらしさが伝わる
素敵な装花になるといいですね!

装花の相場が気になるあなたは
こちらも参考に見てみてくださいね!

⇒結婚式の装花の相場は高い?上手に節約する3つのコツは

結婚式のテーマを検討中なら
装花選びのポイントが分かる
こちらもご覧ください!

⇒結婚式のテーマの決め方!装花選びが簡単になる3つのポイントとは?

ABOUT ME
大森 恵子
ブライダルの専門学校へ通い、様々な知識を学ぶ中でABC検定、サービス接遇検定準1級等を取得。 卒業後に結婚式場を運営する企業へ就職。入社から約1年は結婚式の会場責任者やエスコーターに従事し、現場経験を積む。 その後、広告宣伝等に携わる本社の企画部署へ異動。 ブライダル情報誌やパンフレット、Webページの製作から、各広告媒体に使用する宣材写真の企画立案、ディレクションも兼務。 撮影以外でも、お客様が式場見学に来られる際の会場装花の提案も多数担当。 異動から約5年、式場スタッフと共に沢山のカップルが理想の結婚式のカタチを実現出来るような場所や空間作りを行ってきたが、自身の結婚を機に退職。 現在は、今までに培った知識や経験、そして自身の結婚式で得た感動を元に子育てをしながらライターとして活躍中。


\ LINE@始めました /
友だち追加
友達登録してね^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA