2.ブライダルフェア

ブライダルフェアデート!冷やかしで遊びに行っても大丈夫?

各結婚式場が、こぞって魅力的な広告を
出してくるブライダルフェア。

内容を見ると、お料理の試食やドレスの試着、
ギフトの試供品がもらえるなど、
結婚式をする予定がなくても楽しめそう…。

今度のデートにいいかも!
と思うこともありますよね。

でも、結婚式をする予定がないのに
ブライダルフェアに行っても大丈夫なのか
気になるところ。

結婚式場から「冷やかし」だと思われるのも
あまりいい気分ではありませんよね。

そこで今回は、まだ結婚式の予定がなくても
ブライダルフェアに行っていいものなのか、
さまざまな観点から見ていきましょう。

フリーランスの
ウェディングプランナーである筆者が、
「結婚式未満」のおふたりへ
ブライダルフェアデートの楽しみ方
お伝えします。

ブライダルフェアは軽い気持ちで冷やかしに行っても大丈夫?

この質問に対する回答は
「YESもしくはNO」です。

「それでは回答になっていないじゃないか」
と思われるかもしれませんが、ポイントは
「軽い気持ち」で行くのはOKだけれど、
「冷やかし」はNGであるということ。

どのラインをもって「冷やかし」と捉えるかは
結婚式場によって異なりますが、
日常のデートの行き先として
ブライダルフェアを選ぶのは問題ありません。

ブライダル業界に身を置いている筆者としては

  • 結婚式どころか、結婚の予定さえはっきりしない
  • 幸せな空気が流れる空間でデートを楽しみたい
  • 単純に結婚式に興味がある

ここまでは、ブライダルフェアへの参加は
むしろするべきだと考えます。

ところが、

  • 試食が無料だから、
    たらふく食べてお腹を満たそう
  • 長時間居座って、
    ドリンクをいっぱいおかわりしよう
  • 何度も入場してドレスをたくさん着よう

このような考え方は、
「冷やかし」と捉えられても仕方ありません。

ボーダーラインとして
「ふたりの楽しいデートのため」なのか、
「ただ欲求を満たすため」なのか、
その点を判断基準にするといいでしょう。

デート感覚でブライダルフェアに誘うのは正直重い?

次のハードルは
実際に相手をブライダルフェアへ誘うこと。

まだ結婚の話も出ていないのに、
ブライダルフェアへ誘ったら
相手にどう思われるだろう…?

誰しも悩みますよね。

この問題については、
興味深いデータがあります。

Q. デートで、ウェディングフェアに連れて行かれるのはあり?
あり・・・50.5%
なし・・・49.5%
引用:マイナビウーマン

おおよそ半々であることからも
ブライダルフェアへ誘われることを
重いと感じるかどうかは
「人による」という答えになります。

それでは「重い」と感じるポイントは
どこにあるのでしょうか?

それは、相手が感じるプレッシャーの度合いです。

ブライダルフェアへ参加するということは
多かれ少なかれ「結婚」の文字が
目に入ってくるでしょう。

まだ結婚を考えていない人にとっては、
「相手に急かされている」と
感じることも多いのです。

ここで注意が必要なのは、
ブライダルフェアを利用して
相手を操作しようと思わないこと。

結婚情報誌やブライダルフェアのパンフレットを
これ見よがしに目につく場所に置いたりすれば、
ブライダルフェアはおろか
結婚に対するイメージも悪くなってしまいます。

変な駆け引きに出るよりも
「一緒に行ってくれたらうれしい」と素直に
気持ちを伝えれば、
相手に余計な負荷をかけることもないでしょう。

結婚予定ならブライダルフェアデートはおすすめ!その理由は?

一方で

  • お互いに少なからず結婚を意識している
  • 結婚の予定はあるけれど結婚式は未定

という場合は、積極的に
ブライダルフェアデートを検討しましょう。

なぜなら、ブライダルフェアへの参加が
おふたりにとって
いい結果をもたらしてくれる可能性が
あるからです。

ブライダルフェアデートがおすすめの理由として
以下のポイントが挙げられます。

理由①:試食や試着など楽しいイベントが充実している

デートは楽しいに越したことはありませんよね。

ブライダルフェアはいわば、
結婚式のテーマパークです。

テーマパークにイベントはつきもの。

以前から人気のドレスの試着に加えて、
昨今では試食に力を入れている結婚式場が多く
中には本番さながらのお料理を
食べられるケースもあります。

ドレスの試着では、現在の検討状況にかかわらず、
プレ花嫁さまとして対応してもらえるため、
気になる点を相談することもできます。

⇒ブライダルフェアのドレス試着!サイズの悩みも相談できる?

実際に試着しなくても、
美しい花嫁衣装は目の保養になりますし、
幸せそうなカップルを見ているのも
気分が悪いものではありません。

試食は大半のケースで無料で提供しており、
おいしいお料理に
結婚式の良さを感じることもできます。

⇒ブライダルフェアの試食会はホントに無料?量はどれくらい?

また、祝い事のプロである
結婚式場のスタッフの対応に、
心が温まる瞬間もあるでしょう。

散歩気分で式場内を見て回るのも
なかなか楽しいものです。

式場・会場見学と、イベントを制覇するとなれば、
一回のデートとしては
十分な時間と内容
になります。

理由②:結婚に向けて真剣に考えるキッカケになる

「結婚」が、まだぼんやりとした
明確なイメージがないものであるとするなら、
ブライダルフェアが考えるキッカケを
与えてくれることもあります。

結婚は婚姻届という書面以外は、
「形が見えないもの」であり、
結婚式は「形が見えない商品」です。

ブライダルフェアは、形が見えない結婚式を
模擬挙式や模擬披露宴、
本番さながらのテーブルコーディネートなどで
可視化するイベントです。

⇒模擬挙式の内容とは?【画像あり】

情報が目から入ってくることで、
結婚式が「未定」から「予定」になる
可能性も出てきます。

ブライダルフェアに参加して
感じたことを聞いてみると、

  • 「結婚っていいな」と思った
  • 「結婚式は形式的なもの」という考えが
    払しょくされた
  • 一人一人に結婚の報告は
    面倒だと思っていたけれど、
    結婚式をすれば一度に報告できると感じた

など、結婚や結婚式に対するイメージに
何らかの変化があったという返答が
多くありました。

このことからも、
「結婚」をより具体的な話へ
進めていくきっかけ
として
ブライダルフェアが有効であることがわかります。

理由③:結婚式をする時の特典や割引を受けられる

ブライダルフェアへ参加して、
結婚式が現実味を帯びてきたとしても、
夢や憧れだけでは「結婚式」は買えません。

そこには必ず、費用の問題がついてまわります。

ですが「ブライダルフェアへ参加した」
という事実だけで、実際に結婚式をする際に、
特典が適用されたり、
割引を受けられることもあります。

もしも、結婚式の話が進まない理由が
その費用にあるとしたら、
ブライダルフェアへの参加で
問題がクリアになるかもしれません。

結婚することが決まっているのであれば、
担当者についてもらい、
より具体的な費用の話を聞いてみましょう。

大学生カップルだとブライダルフェアに入れてもらえない?

そんなことはありません。

ブライダルフェアは、
社会人のためのものではありません。

結婚式場のスタッフも
学生結婚というケースがあることも
しっかりと認識しています。

また、その二人が実際に結婚する時、
大学生ではない可能性
視野に入れているでしょう。

日本の法律では、
男性は18歳、女性は16歳から結婚できます。

その年齢に達している、もしくは
その年齢に近づいている二人が来館しても
結婚式場側に断る理由はありません。

来館アンケートの職業欄が「学生」であることに
不快な対応をしたとなれば、
その結婚式場のイメージが悪くなってしまいます。

口コミがイメージに大きく影響を与えることは
結婚式場側もわかっていますので、
心配する必要はないでしょう。

まとめ

結婚式の予定がなくても、大学生であっても、
ブライダルフェアへの参加を
躊躇する必要はありません。

むしろ、結婚式場側のターゲットは
「これから結婚式をする可能性のある人」であり、
すでに結婚式が決まっている人ではないのです。

自分自身がこのターゲットに該当すると思う人は、
まず足を運んでみることから始めましょう。

⇒ブライダルフェアの準備!初心者が注意すべき3つのポイントとは?

自らが動き出せば、事態は必ず進んでいきます。

ブライダルフェアへの参加が、
幸せな結婚式へのプロローグとなりますように…。


\ LINE@始めました /
友だち追加
友達登録してね^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA