席次表

結婚式の席次表の肩書きで元職場は?会社や友人の正しい書き方も

披露宴の席次表作成は
結婚式の準備の最大の山場!

席を決めるだけなら
簡単そうですよね。

でも、ゲスト同士の関係や
結婚式のマナーにも
配慮しながら
配置していく作業は
意外と大変
なんです!!

受付で配布する『席次表』は
印刷内容を誤らないよう作業も慎重に
しなければなりません!

氏名と共に『肩書き』を載せる場合は
特に注意が必要ですよね。

そこで今回は
席次表の肩書きについて特集します。

  • 元職場の人の肩書きは何?
  • 肩書きのマナー、どんな点に注意が必要?
  • 親族の肩書きはどうすれば良い?…etc.

席次表の肩書きについて
多くの人が迷いがちなポイント
を中心に情報をお届けいたします♪

結婚式の席次表の肩書きは元職場の場合の決まりはあるの?

結婚式で配る席次表には
招待客の氏名と共に『肩書き』が掲載
されていて、どんな関係の人が
どこに座っているのか示されています。

この肩書きがなかなかわかりにくく、
特に仕事関係の人中には
どう書いたら良いのか
迷うゲストもいますよね。

例えば…

  • 以前勤めていたの会社の同僚
  • 転職して別の会社に勤めている人…etc.

職場が違っても
親しくお付き合いのある人の場合
特に年も上の人の場合、”友人”とも
少し違うような気がしますよね。

こんな時は例えばこう表現します。

  • 仕事関係の出席者が多い場合
    →“現在の”その方の職場や肩書き
  • 仕事関係よりも友人や親族などが多い場合
    →新郎(or新婦)元同僚or知人…etc.

席次表の肩書きは
出席する招待客にとってわかりやすく
新郎新婦との関係性が伝わること
が大切です。

結婚式の席次表の肩書きで悩んだらプランナーさんに相談もおすすめ

前述のように
表現に迷う関係の人の肩書きは
結婚式場のプランナーに相談
するのがおススメです。

どんな関係の招待客なのかを説明し
一番ふさわしい肩書きをアドバイス
してもらいましょう。

肩書きや席次表の表記を誤る
のは大変失礼なこと。

手作りの席次表を印刷する際も
一度担当プランナーに原稿をチェック
してもらうと安心ですよ。

結婚式の席次表の肩書きの書き方やマナーとは

結婚式の席次表には
肩書きやその書き方について
結婚式の席次表ならではのマナー
があります。

席次表を印刷して招待客に渡す場合
誤りがあっては失礼に当たりますから
慎重に準備を進めたいポイントです。

席次表の肩書を書く際には
下記の点に注意しましょう。

席次表の肩書き表記の注意ポイント

  • 会社の名前、肩書は名刺等で確認し
    誤りの無いよう正しく表記する
  • 仕事関係以外の招待客は
    『新郎(or新婦)〇〇〇〇』と表記
    新郎側か新婦側かどちらの招待客か示す
  • 新郎側新婦側共通の関係の場合には
    『新郎新婦〇〇〇〇』とする
  • 親族以外で夫婦で出席する場合
    ご夫婦は隣同士の席にし
    夫人は『同令夫人』とする
    …etc.

主なマナーとして上記のことに
注意をしてみて下さいね。

それでは、その他に
多くの新郎新婦が迷いがちなポイントを
解説していきましょう!

1.複数の肩書きがある場合

会社の取締役や役員の人は
複数の肩書を持つ人も多いですよね。

複数の肩書きを持つゲストは
全て表記することもできますが
肩書きが他の招待客と比べて
極端に長くなりがち
です。

仕事関係の催しであれば
全て表記する方が良いのですが
結婚式においては、他の招待客との
バランスも大切です。

文字数にも制限がありますので
どうしたらよいか困りますよね。

【肩書が複数ある場合】

  • 最も社会的地位の高い役職名
  • 新郎新婦と関係の強い役職名

のいずれかで表記するのがオススメです。

招待客ご本人に確認できればベスト
ですが難しい場合は、秘書の方など
他の結婚式での前例に詳しい方に
聞いてみるのも良いでしょう。

尚、肩書は長いからと言って
省略するのはマナー違反。

名刺をいただくなどして
正確な肩書を表記しましょう。

2.同僚や後輩の場合

職場の同僚や後輩等役職名が無い場合
どのように書くのでしょうか?

【職場の同僚や後輩の肩書】

  • 新郎(or新婦)会社同僚
  • 会社名(+部署名)

仕事関係の出席者が多い場合は
詳しく表記するために部署名を入れても
良いでしょう。

同じ部署の出席者が多い場合には
文字数が極端に多くならなければ
課の名称まで入れてもOKです。

後輩を肩書きの表記で
特に区別する必要はなく
同僚でOKです。

3.転職した上司や同僚の場合

元々は同じ職場だったけれど
現在は違う会社に転職などした場合。

役職名のある方であれば
現在の肩書きを確認して表記する
のが一番無難です。

元々同じ会社の人で
現在は特に役職などついていない場合
下記のような表記がおススメです。

  • 現在は友人関係と言える場合
    →『新郎(or新婦)友人』
  • プライベートでの付き合いはなく
    先輩、年上の人の場合
    →『新郎(or新婦)知人』
  • 他に仕事関係の出席者が少ない場合
    →『新郎(or新婦)元同僚』

4.すでに退職して現在は仕事をしていない上司の場合

定年などで離職されて
今は仕事をしていない上司がいる場合
どう表現すればよいのでしょうか?

退職時の会社名+役職名を入れて
→『元○○○○』とするか
or『元新郎(or新婦)会社上司』

仕事関係の出席者の場合
目上の方もいて席次表を作成する際は
いろいろと注意が必要ですので
気を付けて作成してくださいね。

席次表と同様に
披露宴で欠かせない動画の演出。

盛り上がる動画作成のポイントは
少しでもゲストも写っている
動画にすることです!

上司や同僚にもさりげなく
登場してもらって素敵な動画が
できたら記念になりますね。

こんなすてきなテーマで編集すれば
招待したゲストと一緒に
披露宴が盛り上がりそうですよね↓

結婚式の席次表4パターンの正しい書き方とは

席次表の肩書には
いろいろなパターンがありますね。

仕事関係の方以外の肩書きにも
多くの新郎新婦が迷ってしまいがち
なポイントがあります。

そこで、ぜひ気を付けていただきたい
席次表の肩書き表記についてのマナー
をあと4つお伝えしておきます♪

1.結婚式の席次表への家族や親族の肩書きや書き方のマナー

結婚式の席次表に家族や親族の
肩書きを書くときは
新郎新婦との関係を示す「続柄」
を書きます。

【席次表への家族・親族の表記例】

  • 新郎父、新郎母、新郎兄
  • 新婦祖父
  • 新婦甥、姪  …etc.

新郎or新婦を頭につけて
どちらの親族かわかるようにします。

甥、姪で小さな子供は
敬称を「ちゃん」または「くん」
としましょう。

両親と同居している兄弟姉妹には
敬称「様」は不要です。

おじおば、いとこには
漢字表記が
複数があるので
誤らないよう注意が必要です。

親族の表記注意ポイント
【おじおば】

  • 親の兄、姉及びその配偶者
    →伯父、伯母
  • 親の弟、妹及びその配偶者
    →叔父、叔母

【いとこ】

  • 年上のいとこ及びその配偶者
    →従兄(男性)、従姉(女性)
  • 年下のいとこ及びその配偶者
    →従弟、従妹

特に、おじおばの漢字表記は
普段は意識しないことだけに
誤りやすいので注意して下さいね。

同年齢のいとこは
誕生日で年上か年下を判断するか
年上として従兄or従姉と表記
すればOKです。

2.結婚式の席次表への友人の肩書きや書き方のマナー

友人の肩書きや席次表への書き方
についてはどんな点を気を付けたら
良いのでしょうか?

【友人の肩書の書き方 例】

  • 新婦高校友人
  • 新婦大学友人
  • 新婦友人・・・・etc.

席次表でゲスト同士を紹介するつもりで
どんな友人なのかがわかるように
表記します。

書いていく際には下記のことににも
注意して下さいね。

肩書きの書き方マナー注意点

    • 「後輩」の表記はマナー違反。
      「友人」とする。
    • 会社の友人は表記として誤り
      「同僚」または「会社名」を書く
    • どちらの友人かわかるように
      新郎or新婦をつける

3.結婚式の席次表への恩師・恩人の肩書きや書き方のマナー

学生時代の恩師や恩人など
目上のお世話になった方は
席次表にはどのように表記すれば
良いでしょうか?

【席次表への恩師や恩人の表現 例】

  • 新郎高校時代恩師
  • ○○大学△△学部教授
  • ○○(チーム名)監督
  • 新郎知人

ゲストとの関係がわかるように
短く表記するのがポイントです。

社会的に地位のある方であれば
その肩書きを記載してもOKです。

どうしても表記しにくい場合は
「知人」でもOKですが
印象としては少し他人行儀な感じ
がします。

4.結婚式の席次表へのその他のゲストの書き方のマナー

結婚式には多くのゲストを招待
しますので、席次表の書き方として
下記の点にも注意して下さいね。

【席次表の肩書き注意点】

  1. 記載漏れ、誤字脱字に注意
  2. 役職名は省略原則不可
  3. 「後輩」の表現はマナー違反
  4. 氏名の漢字は正式なものを表記
    (旧漢字の使用など)

例えば…
「わたなべ」さんでも
渡辺、渡部、渡邊、渡邉…etc.

ご本人に確認してくださいね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

結婚式の席次表を記載する際の
肩書きや書き方についての
注意点やマナーの情報をお届け
致しました。

今回の内容をおさらいしてみましょう。

  • 上司の肩書は省略せずに正確に!
    名刺などで確認しよう
  • 会社の後輩は「同僚」と表記
  • 転職した仕事関係のゲストは
    「元●●」とする。
  • 敬称は身内である家族には
    つけなくてよい
  • 小さな子供の敬称は
    「ちゃん」「くん」
  • 親族の続柄は漢字に注意。
  • 氏名の漢字や肩書の誤字脱字
    には十分に気を付けよう。

といった内容でお届けしました。

席次表を作成するのは
結婚式の準備の中でも
山場ともいえる大変な作業。

でも、席次表は二人との縁があって
結婚式に出席してくれたゲスト同士
を二人の代わりに紹介してくれる
大切なアイテムです。

誤字脱字、記載漏れなどには
充分に注意しながら
頑張って作成して下さいね。

席次表のチェックをしてほしい場合や
や肩書きの表現に迷う場合は、
式場の担当プランナーにも
ぜひ相談してみてくださいね。

席次表がきちんと出来上がれば
その後結婚式本番までの準備は
とてもスムーズに進みますから
二人で協力して頑張って下さいね!

せっかくならば
二人らしさのある印象的な席次表
を作成したいですよね↓

⇒結婚式の席次表の手作りアイデア5選!おしゃれ&おもしろデザインも

思わず真似したくなる?!
手作り席次表の様々なアイディア
を紹介しています!

ABOUT ME
安田 みさき
元ウェディングプランナー。プランナー歴10年超です。 ゲストハウスウェディングやリゾートウェディングで数百組の新郎新婦をサポートをサポートしてきました。一生に一度の結婚式だからこそ、新郎新婦はどなたも皆、それぞれに喜びと同時に不安や疑問もたくさんお持ちです。またゲストや結婚式自体への思いや憧れもそれぞれです。だから結婚式は一つとして同じものがありません。現在は子育て中に付き現場におりませんが、たくさんの結婚式に携わってきた経験を活かして、このような場で結婚を控えた新郎新婦のお手伝いすることができればうれしく思います。


\ LINE@始めました /
友だち追加
友達登録してね^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA